「エリカ38」待望のパッケージ化が決定いたしました

メモ

あああ

本作『エリカ38』で初めて企画を手がけた

いいい

浅田美代子、「エリカ38」ヒットに万感「希林さんも喜んでくれている」

1943年1月15日生まれ、東京都出身。TVドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」やフジカラーのCMなどに出演し、個性派女優として注目を集める。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(07/松岡錠司監督)、『わが母の記』(12/原田眞人監督)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、『歩いても 歩いても』(08/是枝裕和監督)でブルーリボン賞助演女優賞、『あん』(15/河瀨直美監督)で報知映画賞主演女優賞、第71回カンヌ国際映画祭パルムドール賞を受賞した『万引き家族』(18/是枝裕和監督)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど、数多くの映画賞を受賞。本作『エリカ38』で初めて企画を手がけた。2018年9月15日逝去、享年75。

「エリカ38」待望のパッケージ化が決定いたしました。 特典映像として、撮影の裏側を収めた貴重なメイキング映像、舞台挨拶、予告編を収録しております。 さらに先着購入者特典として「プレミアムブックレット」もご用意しており、「エリカ38」の世界を味わい尽くせる大満足のパッケージとなっております。

1956年2月15日生まれ。東京都出身。街頭でスカウトされ、国民的テレビドラマ「時間ですよ」(73/TBS)の新人オーディション約25,000名の中から選ばれ芸能界入り。デビュー曲ともなったドラマ挿入歌「赤い風船」は第15回日本レコード大賞新人賞を受賞、一躍人気アイドルに。74年『あした輝く』(山根成之監督)で映画初主演を飾る。おもなドラマ出演作に、「寺内貫太郎一家」(74/TBS)、「101回目のプロポーズ」(91/CX)、NHK連続ドラマ小説「さくら」(02)、「花子とアン」(14)など多数。映画『釣りバカ日誌』シリーズ(94〜09)では15年間“ハマちゃん”こと主役の浜崎伝助(西田敏行)の愛妻・みち子を演じ好評を博す。そのほかの映画出演作に、『佐賀のがばいばあちゃん』(06/倉内均監督)、『歓喜の歌』(08/松岡錠司監督)、『きな子〜見習い警察犬の物語〜』(10/小林義則監督)、『ツナグ』(12/平川雄一朗監督)、『0.5ミリ』(14/安藤桃子監督)、『あん』(15/河瀨直美監督)などがある。本作『エリカ38』は『あした輝く』(74/山根成之監督)以来45年ぶり、アイドル引退後に復帰して以降初の主演作となる。

『エリカ38』は、そんな彼女が『あした輝く』以来、45年ぶりに主演する作品となります。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました