この保険があるのは日本の航空会社では唯一ピーチだけです

メモ

あああ

ピーチの航空券予約における最大のポイントはキャンセルの場合です

いいい

返金の手続きですが、ピーチ航空のコンタクトセンターにまず連絡を取り、当初の搭乗予定日から6ヶ月以内に書面で申請します。

運賃タイプが、バリューピーチ・プライムピーチの場合は変更手数料は不要ですが、一番安い運賃タイプのシンプルピーチのだと3,240円かかります。変更手数料は一人1区間あたりなので、往復の飛行機を変更する場合は2倍の手数料となり、一人6,480円と高額になります。

この仕組みを利用して、「プライムピーチ」で航空券を予約→キャンセルすれば、払い戻しまでの日数+有効期限(180日)まで延長できます。

最も安いシンプルピーチのチケットはキャンセルできず、チケット代は一切戻ってきません。最も高いプライムピーチは無料でキャンセルできます。

ピーチのフライトの変更は、予約便の出発1時間前までなら可能で、変更手数料と運賃の差額が必要です。

この方法なら払い戻しの手数料が引かれず、全額ピーチポイントとして戻ってきます。決済手数料の210円は掛かりますが、ピーチポイントを失うよりはマシです。

ベストアンサー:自己都合の場合はシンプルピーチ運賃はポイントも返ってきません。 バリュー運賃ならポイントで返ってきます。 欠航した場合は手数料無料で返金されますから欠航が決まってか…

手続き完了から1週間ほどで、チケットを予約した時のメールアドレスにピーチポイントが送られてきます。

ピーチは日本発の本格的LCCとして就航し、関西空港を中心に路線を拡大しています。今まで飛行機はJALやANAしか乗ったことがない人が、LCCを利用する際は注意が必要です。通常無料のものが有料だったり、手荷物や変更・キャンセル・払い戻しの条件がJALやANAとは異なります。事前に各種条件を確認してから予約しましょう。

例えば、関西空港から沖縄行きのピーチの往復航空券を、インターネットで予約しクレジットカードで決済する場合は、540円×2(往復)=1,080円の支払い手数料がかかります。

有効期限が切れそうなPeachポイントを延命するには、・プライムピーチで予約してポイント払い(支払い手数料200円)・キャンセルしてピーチポイントで返金・有効期限が180日伸びるの方法しか無さそう。支払い手数料は消えるけど全額パーになるよりはマシバリューピーチだとさらに1100円引かれる。

ピーチの航空券予約における最大のポイントはキャンセルの場合です。一番安い運賃タイプの『シンプルピーチ』のキャンセルは、払戻し不可のため航空券の代金は戻ってきません。

ピーチ航空では一部の運賃タイプでキャンセルが可能で、ピーチポイントで運賃だけを払戻します。

ピーチにはやむを得ない事情でチケットをキャンセルした時、代金を保証してくれる保険「Peachチケットガード」があります。病気や怪我、交通遅延、急な出張も補償対象で、料金は570円からと意外にリーズナブル。この保険があるのは日本の航空会社では唯一ピーチだけです。

悪天候や機材の整備などが原因の欠航および大幅な遅延の場合は、すべての運賃タイプで搭乗便の変更、払い戻しが可能です。搭乗便の変更は他社の便へは変更不可です。1日1便しかない場合、路線の変更も可能です。また払い戻しに関しては、ピーチポイントで支払った場合以外、現金での返金もできます。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました