ほのぼのnext

メモ

あああ

ほのぼのnext

いいい

自然災害、火災、テロやコンピューターウイルスの攻撃など、緊急事態に備え、早く復旧できるように、BCP対策(Business Continuity Plan:事業継続計画)として、クラウドによるシステム運用がおすすめです。介護ソフト・介護システム「ほのぼの」シリーズは、クラウドに対応しており、サーバーやネットワークに詳しい人がいない事業所であっても、安全・安心なシステム運用が可能です。また、事業所や施設が複数ある場合でも、クラウドでデータの一元管理が可能です。

次世代型「ほのぼの」シリーズである【ほのぼのNEXT】は、進化する時代にフィットし操作性・連携性・利便性・安心感をテーマにしており、よりやさしく使いやすく成長し続けるシステムです。

社会福祉法人向けに機能を特化した基幹業務システムです。ほのぼのNEXTと連動しており、スタッフ情報を2重登録せず、スムーズな運用が可能です。

「ほのぼの」シリーズオンラインプラットフォームは、ほのぼのNEXT、ほのぼのmore、基幹業務システムがクラウド環境で利用できるサービスです。サーバーの管理やバックアップ、バージョンアップ等の手間がなく、大規模な災害等が起きても、データはデータセンターでお預かりし、保全しています。PCがインターネットに接続していれば、複雑なネットワークの構築や高額なハードウェアの購入などは不要で、複数の事業所があっても情報の一元管理が可能です。既に「ほのぼの」シリーズを利用していれば、オンラインプラットフォームへの切り替えも簡単で、データの引き継ぎも可能です。

福祉・医療関連オリジナルソフトウェアプロダクトの企画・開発・販売およびソフトウェア運用支援・ソフトウェア保守サービス。自社開発の福祉業務支援ソフトウェア「ほのぼの」シリーズの販売および運用サポ-ト。

法人内での二重管理がなくなり、情報共有がスムーズになりました。また、記録システムを活用することで、利用者様の状況を包括して介護をすることができるようになりました。また病院のシステムと「ほのぼのNEXT」の患者IDを統一することで情報共有がスムーズになりました。例えば、特別養護老人ホームの入所者が病院受診をされるときなどは、大変効率化が図られたと感じます。

ほのぼのネクストは介護保険、障がい福祉、財務や給与など、訪問看護や訪問介護サービス業務のお悩みを解決する介護ソフト。

「ほのぼの」シリーズは5年間のソフトウェア使用権をご導入いただく導入方式のため、ソフトウェアに関連する将来的なコストが予測しやすく、事業所経営の安定に繋がります。

厚生労働省では、令和3年度報酬改定よりLIFEの運用を開始しました。
ほのぼのNEXTはLIFEに完全対応!
LIFE加算はもちろん、LIFEへの提出データの出力と帳票印刷が可能です。ボタン1つでCSVファイルを作成し、データを送付できます。

「ほのぼの」シリーズは、クラウドにも対応!地震・停電・水害・PCウイルス等からお客様の大切なデータを守ります。

ソフトを統一することを検討しているところにアイアットOECの営業担当から「ほのぼのNEXT」のケア総合記録システムを提案していただきました。「ほのぼのNEXT」は国内でもシェアが高く優れたソフトだということは知っていましたが、それに加えて「病院の患者様と介護のご利用者様のIDの一本化」や、「タブレットを利用したケア記録」の提案などをいただきました。アイアットOECの営業マンの一緒に課題を解決しようとしている姿勢と熱い想いを感じて「ほのぼのNEXT」でのソフト統一化を決めました。

当社では、介護ソフト・介護システム「ほのぼの」シリーズの運用サポートについて、専用のコールセンターを完備しております。システム導入のご相談から操作方法のご質問、障害対応など、安心のワンストップ体制でサポートいたします。また、補助金や助成金を活用したシステム導入のご相談、申請サポートも行わせていただきます。

・オプション
音声入力システム Voice Funは、「ほのぼのNEXT」のオプションです。
キーボード入力に代わり、音声入力を行うシステムです。

・バイタル機器との連携
NISSEI(日本精密測器株式会社)の機器と連携することで、バイタルデータを直接「ほのぼの」シリーズに連携できます。

・ 介護現場の生の意見を反映
1999年より介護保険サービスを提供する「ほのぼのケアサービス」をスタートさせ、製品開発に介護現場の実情をフィードバックしています。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました