まずは スイートピーが どんなお花なのかをご紹介します

メモ

あああ

実は湘南エリアは“スイートピー発祥の地”

いいい

ムジカスカーレットは2012年に品種開発されました。赤紫色のスイートピーで、育てるのが比較的容易なので、園芸初心者におすすめです。ちなみに、「ムジカ」とはラテン語で「音楽」の意味ですが、名前の由来は不明ですが、赤紫のスイートピーがまるで音楽を奏でているように見えたのかも知れません。ムジカシリーズには他に、淡い紫の花びらの「ムジカラベンダー」や、真っ赤な花びらの「ムジカクリムゾン」などがあります。

まずは、スイートピーが、どんなお花なのかをご紹介します。

白いスイートピーの中でも最も目にする種類です。薄いクリーム色の花とほのかな香りが特徴です。「ステラ」とは星の意味ですが、花びらの形が飛び立つ蝶のような星の形に見えるところからこの名前が付けられました。このスイートピー「ステラ」の種類にも花言葉があります。それは、「ほのかな喜び」、「優美」、「門出」、「優しい喜び」、「優しい思い出」です。やわらかく優美な「ステラ」にふさわしい花言葉と言えるでしょう。

愛らしいピンクのスイートピーの花言葉は、「繊細」、「優美」、「恋の愉しみ」、「上品」等です。スイートピーのピンクの花びらそのものが、妖精が愉し気に舞っているように見えるところからこれらの花言葉が付けられたのでしょう。

実は湘南エリアは“スイートピー発祥の地”。神奈川県・茅ヶ崎市で、数少ない「スイートピーの香り」の品種を栽培している「チャコ農園」を訪ねました。

二人の恋がさらに盛り上がるような演出になりそうですよね。スイートピーの花言葉を活かして、相手を喜ばせられるようなプレゼントが出来ると良いですね!自分の新たな門出や挑戦を後押しする意味で、部屋に飾ったりするのも良いかもしれませんよ。

様々な場面で人気のスイートピーですが、どんな花言葉があるのでしょうか?色は赤が有名ですが、その他にはどんな色があるのかも気になりますね。

科 名:マメ科・ハマエンドウ属
原産地:イタリア
花言葉:門出・優しい思い出・優美・永遠の喜び・私を覚えていて甘く優しい香りで、ひらひらとした可憐な花びらがキュートなスイートピー。飛び立つ蝶のような見た目からついた花言葉は「門出」。卒業式シーズンに出荷最盛期を迎えることもあり、新たな旅立ちを彩る花としても人気です。花の色も淡いものから濃いものまでさまざま。色によっては吸い上げて花びらに色をつけているものもありますが、天然と合わせて170種近くの色があるといわれます。

スイートピーの花言葉が表す「門出」「別離」「優しい思い出」「蝶のように飛躍する」などの意味は、入学卒業、転勤転職などのタイミング以外でも、様々な新たなスタートに合います。

「永遠の別れ」の花言葉は、死別なので永久に会えない時や、遠く離れ再び会えることが難しい時などに使われます。スイートピーの花言葉がこの「永遠の別れ」と付けられたのはなぜなのか、考えるところですが、はかない容姿のスイートピーにはよく似合っているのかもしれません。永遠の別れの時に、スイートピーの花は悲しさを癒してくれる存在となるのでしょう。

スイートピーの花言葉は色でも違うんですが、共通しているのはテーマがあるんですよ。

大きな蝶形の花と、パステルカラーの色味が人気のスイートピー。

純白の美しい花です。他のスイートピーの種類より花が大きく、ほのかな優しい香りが特徴です。「ロイヤル」にふさわしい花と言えます。清純さを連想させる「ロイヤルホワイト」は、ウェディングのブーケや花束として人気があります。

スイートピーは春、夏、冬咲きと3つの品種があります。一般的に育てやすいといわれているのは春咲きや夏咲きのスイートピーです。用土や種まき、肥料、水やりの方法を見ていくことにしましょう。

ピンク色のスイートピーは、妖精が踊っているような姿に見えるため、このような花言葉がついたといわれています。女性への贈り物として、相手をイメージして選ぶととても喜ばれそうですね。赤や白と混ぜた花束にしても美しくて素敵です。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました