ゆったりとしたテンポと悠々としたメロディがオアシスの持ち味

メモ

あああ

青春時代を色鮮やかに彩ったオアシス

いいい

2ndアルバムのリリース前の先行シングルになったこの曲。クリスマスシングル「Whatever」に続いてリリースされ、オアシスの初の全英1位の曲になりました。

続く「MY BIG MOUTH」もラウドなサウンドで攻め立てますが、3曲目「MAGIC PIE」あたりからオアシスらしいメロディが聴こえ始めます。

その後、レコードの再発盤やCDのリマスター盤が発売され、オアシスは今も新しいファンをも魅了してやみません。

オアシスの名盤といえば2ndアルバム『モーニング・グローリー』を挙げる人が圧倒的に多いです。空前の大ヒットになった歴史的名盤であることは紛れもない事実であり、ハイクオリティな楽曲と、当時の勢いまでをも内包した素晴らしい作品だったことに違いはありません。

しかし、ギャラガー兄弟はこの曲はあまり気に入ってないらしく、オアシスといえばワンダーウォールみたいなイメージに関してクソ喰らえと。

1997年にリリースした3作目『ビィ・ヒア・ナウ(Be Here Now)』も前作同様大きな注目を集め、イギリス最速セールスを記録するほどのヒットに。しかしバンドの成功の裏で、90年代終わりから2000年代初頭にバンドメンバーの離脱と加入を繰り返したほか、ノエルとリアム兄弟の不仲が度々タブロイド紙を賑わせるようになります。2009年にバンドの核でもあったノエル・ギャラガーが脱退を表明。当初はリアムを主導にオアシスとして活動を継続する予定でしたが断念、事実上のバンド解散となりました。

レコード人気に再び火が付いた今こそ、まさにオアシスの作品を売るベストタイミングだと言えるのではないでしょうか。

青春時代を色鮮やかに彩ったオアシス。あなたが当時新譜として買ったオアシスのレコード、部屋の棚でただ静かに眠っていませんか?もう聴かないのであれば、中古レコード買取専門店エコストアレコードに売るのが得策だといえます。

ゆったりとしたテンポと悠々としたメロディがオアシスの持ち味。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました