アダムとイブ 食器

メモ

あああ

アダムとイブ 食器

いいい

クリエィティブディレクター、富田敏夫の創る、それまでにない、モダンで先進の食器は、たちまち日本中の陶器市場を席巻し、「時のブランド」として一世を風靡し、陶器だけに終わらず、多くのデザインプロダクトを生み出しました。

「Adam&Eve」は、1968年、28歳の若い青年の創造力と熱意により、京都の陶器店老舗、「たち吉」のコンテポラリー食器として誕生しました。

アダム&イブはたち吉の起こしたブランドです。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました