アメリアイアハート

メモ

あああ

アメリアイアハート

いいい

アメリア・イアハート(アメリア・メアリー・イアハート生まれ、1897年7月24日-1937年7月2日[失踪日])は、大西洋を横断する最初の女性であり、大西洋と太平洋の両方を単独で飛行した最初の人物でした。 。彼女はまた、飛行機の中でいくつかの高さと速度の記録を打ち立てました。これらすべての記録にもかかわらず、アメリア・イアハートは、20世紀の永続的な謎の1つとなった1937年7月2日の彼女の不思議な失踪でおそらく最もよく覚えられています。

そしてアメリアはついに赤道上世界一周飛行に挑戦します。アメリアは世界一周飛行について、成功する確率は五分だと感じていました。それでもアメリアは空に飛び立ち、そして謎の失踪を遂げました。

大西洋横断飛行に成功した後も、アメリアは様々な記録を樹立していきます。アメリカ大陸単独横断飛行、ハワイからカリフォルニアまでの単独飛行など…彼女の功績が航空業界に与えた影響は計り知れません。

1937年5月21日、アメリア・イアハートとフレッド・ヌーナンは、旅行の最初の区間でカリフォルニア州オークランドから離陸しました。飛行機は最初にプエルトリコに着陸し、次にカリブ海の他のいくつかの場所に着陸してからセネガルに向かいました。彼らはアフリカを横断し、燃料と物資を求めて何度か立ち寄った後、エリトリア、インド、ビルマ、インドネシア、パプアニューギニアに行きました 。そこで、イアハートとヌーナンは、ハウランド島への着陸という最も過酷な旅の準備をしました。

彼女の生涯の間に、アメリア・イアハートは大衆の想像力を捕らえました。組織化された女性運動が事実上姿を消したとき、彼女は、少数の女性、または男性がやったことを敢えて行う女性として、伝統的な役割から抜け出すことをいとわない女性を代表しました。

2019年8月初め、タイタニックやジョン・F・ケネディが第二次世界大戦中に乗っていた魚雷艇などを発見した深海探検家のロバート・バラード氏が、新たなミッションに乗り出しました。それは未だ真相が解明されていない、アメリア・イアハート氏の失踪した飛行機10-Eエレクトラの捜索です。

1927年、飛行士のチャールズリンドバーグ は、米国から英国まで大西洋をノンストップで飛行した最初の人物となり、歴史を築き ました。1年後、出版社のジョージ・パットナムは​​、アメリア・イアハートを乗客として大西洋を横断する最初の女性として利用しました。パイロットとナビゲーターは両方とも男性でした。

1940年に、イギリスの入植者たちが島で頭蓋骨を含む13の骨を発見しています。発見後に送られた電報には、「アメリア・イアハートのものかもしれない」と書かれていました。調査の結果、医師は「この骨を背の低いヨーロッパ男性のものである」と判断しましたが、人類学者の中にはこの結論に異論を唱える人もいます。

皮肉にも彼女の謎めいた最期が、アメリア・イアハートの名前を後世に残す一因となっているのでしょう。

真相は未だわかっていませんが、タイタニック号を発見した深海の探検家である海洋考古学者のロバート・バラード氏は、今回の捜索でこのような見解を話しています。
2019年8月初め、タイタニックやジョン・F・ケネディが第二次世界大戦中に乗っていた魚雷艇などを発見した深海探検家のロバート・バラード氏が、新たなミッションに乗り出しました。それは未だ真相が解明されていない、アメリア・イアハート氏の失踪した飛行機10-Eエレクトラの捜索です。 1937年7月2日、イアハート氏はナビゲータのフレッド・ヌーナン氏とともに、ホノルルの約2740キロ南西を太平洋に浮かぶハウランド島へと向かって飛行していました。 世界一周飛行を目指して出発してから6週間が経ち、移動距離は3万2000キロを超えていました。それまでにイアハート氏は、女性パイロットとして初めて単独大西洋横断飛行を成功させ、さらにハワイからアメリカ本土への単独飛行も世界で初めて成功させていました。数々の偉業を成し遂げた彼女は、さらなる挑戦を求めて世界一周飛行への出発を決めたのでした…。

1928年8月、イアハートはアメリカ中を単独で飛行し、戻ってきました。これは、女性パイロットが一人で旅をしたのは初めてのことです。1929年、彼女はカリフォルニア州サンタモニカからオハイオ州クリーブランドへの飛行機レースであるウーマンズエアダービーを設立し、参加しました。イアハートは、著名なパイロットのルイーズ・ターデンとグラディス・オドネルに次ぐ3位でフィニッシュしました。

世界一周飛行を目指して出発してから6週間が経ち、移動距離は3万2000キロを超えていました。それまでにイアハート氏は、女性パイロットとして初めて単独大西洋横断飛行を成功させ、さらにハワイからアメリカ本土への単独飛行も世界で初めて成功させていました。数々の偉業を成し遂げた彼女は、さらなる挑戦を求めて世界一周飛行への出発を決めたのでした…。

10代の頃、アメリアは父親が飲酒の問題で職を失うまで、数年間両親と一緒に動き回っていました。夫のアルコール依存症と家族の増加するお金の問題にうんざりして、エイミー・アーハートは彼女自身と彼女の娘をシカゴに移し、彼らの父親をミネソタに残しました。

現在のところ、一番濃厚となる説が、「エレクトラは燃料切れになってハウランド島の近くに墜落し、海の何百メートルも深くに沈んだもの」と考えられています。少なくとも、アメリカ政府の見解はそのようです。

アメリア・イアハートは、女性パイロットとしてすぐに有名人になりました。彼女の旅行の直後に、イアハートは彼女の経験を詳述した本「20時間40分:友情の中での私たちの飛行」を出版しました。彼女は講義をし始め、ショーに飛び込み、再び記録を打ち立てました。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました