シャルマン メガネ

メモ

あああ

シャルマン メガネ

いいい

メガネフレーム、サングラスの企画・デザイン・製造・販売を手掛ける国内シェアNo.1メーカーです。
世界100カ国に事業を展開し、グローバルビジネスを繰り広げています。
2019年には小売店「シャルマン 銀座並木通り」がオープンしました。
技術分野では新素材チタンやレーザー微細接合技術を開発。
メガネフレーム開発で培った技術で医療分野にも参入当社開発のコロナ対策フェイスシールドにも技術が活かされています。

エクセレンスチタンは、LineArt CHARMANT(ラインアート シャルマン)の製造・販売を手がける大手メガネフレームメーカーであるシャルマンと、金属研究の世界的権威である東北大学金属材料研究所との共同開発により生まれたもの。しなやかな弾力性があり、型くずれしにくいほか、金属アレルギーの原因となりやすいニッケルを含んでいないことが特徴で、加工性にも優れていることから、さまざまなデザインを作り出すことができるのも魅力だ。

LineArt CHARMANT(ラインアート シャルマン)の価格は4万円台が中心となっており、メガネフレームとしては決して安くはない。しかし、その掛け心地のよさが人気を集めて、高価格帯のメガネフレームとしては異例のヒットを遂げている。

自ら創り自ら販売する体制を確立したシャルマングループは、1980年の輸出開始、1982年の米国現地法人設立を皮切りに、グローバルな発想で事業を拡大。1992年には、日本の品質を維持しながら中国においても製造を開始しました。その後、世界市場における販売・生産網の確立、マーケティング活動、各国展示会への出展など、グローバルな活動を展開。世界6ヶ所にデザインオフィスを構え、100ヶ国以上にフレームを販売する世界有数の総合眼鏡フレーム企業へと成長しています。すべては“世界中の人々に安心と喜びを提供したい”という想いのために……。私たちは、地球規模の発想で新しい夢に挑戦し続けます。

私たちシャルマンは、1956年に眼鏡フレーム部品のメーカーとして誕生し、その後、完成品を作るために必要な全ての部品や表面処理工程を内製化することで、総合眼鏡フレームメーカーへと進化してきました。お客様に“安心”と“喜び”をお届けすることを基本理念として、眼鏡を掛けられる皆様に安心して快適な視生活を送っていただくことを目指しています。また、長年眼鏡で培った技術力で、メディカル事業にも参入。チタン素材の有する様々なメリットを生かし、適材適所の医療器具に仕上げています。チタン系素材のレーザ微細接合においても、世界トップレベルの技術を有しており、次世代レーザの応用技術開発にも取り組んでいます。

本庄社長は20年3月に社長就任。商品企画部門をアジア・欧州で長く担当し、直前は米国で販売法人の社長を務めた国際派だ。コロナ禍の暗雲が広がる中で、攻めの経営、研究開発の強化、明るい職場の3点を基本方針に、「この会社の企業価値はまだまだ伸ばしていける」と社内を鼓舞する。経営の成果を出して社員に手厚く還元し、それをベースに地域を活性化させる姿を描く。策定した新たな経営戦略のもと、「当社のビッグバンと位置づけ、仕事の改革を進め、変化適応力を高める」と精力的に動く。目玉の商品開発でも「市場に衝撃を与えるラインアートのような眼鏡フレームを3年以内に市場投入する。もちろんラインアートはさらに強化する」と展望を語る。
折しも、眼鏡産地・鯖江はイタリアの大手メーカーが大型生産拠点を建設中で、20年末にも稼働する見込み。コロナ禍と相まって産地には大きな変化の波が押し寄せるなかシャルマンの挑戦は、眼鏡産地のさらなる活性化をも占う動きとなる。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました