スイートピーとはマメ科・レンリソウ属の草花です

メモ

あああ

スイートピーはひとつの株にたくさん花をつけます

いいい

スイートピーが開花する春は、アブラムシが発生する時期です。見つけたらすぐに指で取り除くか、肥料と殺虫剤がひとつになった「ハイポネックス原液 殺虫剤入り」がおすすめです。アブラムシ専用の薬剤を事前に使えば、予防もできます。

スイートピーは耐寒性があるものの、真冬になったら霜よけをするのがおすすめです。若い苗のうちに霜に当たってしまうと株が傷んでしまいます。温暖な地域でも1月〜3月頃の特に冷え込むような日は対策が必要です。鉢植えの場合は玄関のように寒暖差が少ない屋内に入れ、地植えの場合はわらやビニールなどで覆いましょう。不織布を被せる事でも霜を防ぐ事が出来ます。

スイートピーの原産地はシチリア島です。1695年に修道僧によって発見されたのち、イギリスにて園芸植物として改良されていきました。日本へは江戸時代末期までには渡ってきていたとされています。1901~1910年まで在位したイギリス国王エドワード7世の妻アレクサンドラ王妃は、スイートピーをこよなく愛していたことで有名です。行事の際は、いつも会場にスイートピーを飾らせていたそうです。

春咲きのスイートピーは9月下旬から11月に種まきします。発芽適温は15℃~20℃です。スイートピーの種は硬いため、給水処理をしてからまきましょう。給水処理の際は種を水につけ、半日~1日かけて水を吸わせます。水で膨らんだ種を取り出したら、鉢や花壇などに直接まくか、育苗ポットにまいて育てます。ひとつの穴に種3~4粒を目安にまきましょう。種には土を1cmほどかぶせて、水をたっぷりあげます。発芽するまでは日陰に置いて、過湿には気をつけながら毎日水を与えましょう。芽が出てきたら日に当て、本場が2~3枚になったら間引きします。

スイートピーとはマメ科・レンリソウ属の草花です。種類によっては一年または宿根草になります。

ホーム >   花言葉・植物図鑑 >   花言葉一覧 >   スイートピーの花言葉|花の色や種類は?開花時期と見頃の季節は?

スイートピーはつる性植物で、茎から長い巻きひげが伸びて周辺のものに巻き付きます。そのままにしておくと、必要以上につるが伸びてしまいます。こまめにつるを誘引して、全体の形を整えながら生育しましょう。地植えの場合はフェンスやネット、鉢植えであれば支柱などがおすすめです。品種によっては草丈が3mになることもあるため、大きさに見合うものを用意しましょう。

かわいい花をつけるスイートピーは、育てやすいため園芸初心者にもおすすめです。栽培しながら華やかなかぐわしさも堪能できます。品種によってはかなり生長するため、ご自宅に合った大きさの品種を選びましょう。ぜひお庭の彩りとして、スイートピーを育ててみてはいかがでしょうか。

スイートピーはマメ科の植物で、巻きひげを支柱などに絡ませながら3~4mまで茎をのばします。伸びた茎の先には、赤やピンク、紫などに染まった花を咲かせます。

スイートピーは、こまめにお手入れすることで花を長く楽しめます。適切な管理方法を知り、丁寧に栽培してあげましょう。

スイートピーはひとつの株にたくさん花をつけます。咲き終わった花はこまめに摘み取りましょう。放置しておくと、新たな種の為に栄養を摂られてしまい、次の花を咲かせるための栄養がなくなっていきます。枯れた花のついた茎から切り取りましょう。

スイートピーは濃密で甘い香りがあり、アロマや香水などの原料としても用いられてきました。フルーティーな中に爽やかさがある香りは、品種によっても微妙に印象が異なります。ご自宅で育てるときは、香りの良さも存分に楽しめるでしょう。ほかの春の花の香りとも相性が良いため、寄せ植えにするのもおすすめです。

スイートピーは英語で「Sweet Pea」と書きます。Sweetは甘い香りのこと、Peaはマメのことを意味します。良いにおいのするマメ科の植物ということで、この名前がついたようです。また、スイートピーの和名は香豌豆(カオリエンドウ)、麝香連理草(ジャコウレンリソウ)、麝香豌豆(ジャコウエンドウ)などです。どれもスイートピー特有の香りから連想された名前となっています。

スイートピーは世界に約100種あるとされ、日本には4種自生しています。また、スイートピーは主に「春咲き」「夏咲き」「冬咲き」の3種類に分けられ、つるを生やさない矮性系もあります。

淡いクリーム色の花をつける香りのいい品種です。白いスイートピーでは、最も市場に出回っています。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました