スイートピーはマメ科のつる性植物で秋まき一年草です

メモ

あああ

スイートピーは イタリアのシチリア島が原産です

いいい

スイートピーの栽培に慣れてきたら種をまいて数を増やしてみませんか?花が咲くタイミングによって種まきのタイミングが違うので注意してください。

スイートピーの発芽適温は15℃で、20℃くらいまで発芽します。気温が下がりきらないうちに種をまくとうまく発芽しないので、本格的な秋が来てからまきましょう。種まきに適する時期は、温暖地(関東〜中国)では9月下旬〜11月上旬ごろ、暖地(九州・四国)では10月〜11月中旬ごろです。

スイートピーは「連作」といって去年と同じ場所で育てられることを嫌う植物。
鉢植えにするなら、スイートピーを育てたことのある土は入れ替え地植えであれば、場所自体を変えると良いでしょう。

スイートピーは一年草なので、毎年の植え替えは必要ありません。また、直根性なので誤って根を切断してしまうと再生しにくい植物でもあります。

スイートピーを種から育てる場合、種まきの時期を間違えてしまうと、芽が出ないことがあります。スイートピーの発芽の適温は15度です。暑すぎても寒すぎても芽が出ません。このため、種をまいても芽が出ない場合は、気温を確認してみましょう。また、種まきの時期が間違っていないのに、芽が出ない場合、種の皮が厚くて発芽しにくかったのかもしれません。種まきの前に水に浸けて、発芽しやすくすることを忘れずに行いましょう。

スイートピーは根を深く張る植物。
地植えの場合植えたいところをよく耕しておきましょう。
この時、石灰の他にも有機質を多く含む腐葉土や堆肥を一緒にすき込んでおきます。

このようにスイートピーには多くの品種があるため、鉢植えで植えるのか、プランターで育てるのか、あるいは庭に地植えするのかなどによって、その種類を変えてみるのはいかがでしょうか。たとえば、支柱無しでスイートピーを育てたい場合、サイズがコンパクトで、高さもあまり高くならないスイートピーを選べば、茎を伸ばして倒れたりする心配がありません。ほかの花と寄せ植えにしたり、さまざまな花色のスイートピーを寄せ植えにしたりすると、とてもかわいらしく、育てることができます。

スイートピーの種を頂きました。

アブラムシは、スイートピーの開花時期に発生しやすく、新芽や葉、花などにつき、株を弱らせてしまいます。見つけたら駆除し、被害がひどい場合は殺虫剤を散布して駆除することも検討しましょう。また、夏の前後に発生しやすいハダニは、葉から栄養を吸い取り、植木を弱らせます。元気のない草に発生しやすいため、元気に育てていくと予防となりますが、ハダニも発生したら駆除し、必要に応じて殺虫剤などの散布も有効です。

あなたもスイートピーで、淡い色とうっとりする香りのお庭を作りませんか?
100均でも種が購入できる、とってもキレイな花ですよ!
初めてでも大丈夫。
「種まきの季節は?」
「どんなお手入れが必要?」
「スイートピーの増やし方は?」
などなど、疑問に感じやすいポイントを中心に、育て方を解説します!

スイートピーはマメ科の花で、巻きひげを伸ばして生長します。高さ2mほどまで生長することもあるため、伸びてきた巻きひげを誘引していかないと、倒れてしまうことも。花の開花時期を迎える前になると、茎がどんどん伸びてくるため、支柱やネットなどをうまく利用して、巻きひげを誘引していくことが大切です。たくさんのスイートピーを育ててらっしゃる方は、意外と大変な作業となりますが、元気よくスイートピーを育てるためにもぜひ日頃の管理を続けていきましょう。

スイートピーの種は大きくて扱いやすいのですが、種皮が硬く水分が通りにくい硬実種子(こうじつしゅし)です。発芽をよくするために、種まき前に吸水処理を行いましょう。

スイートピーは、イタリアのシチリア島が原産です。品種によって一年草のスイートピーもあれば、多年草恩スイートピーもあります。マメ科のレンリソウ属の花で、有毒植物でもあり、多食すると歩行に影響が出ることもあるため、ペットを飼われている方や子どもがいらっしゃる家庭では注意が必要です。

スイートピーは春~初夏のあたたかい季節に咲く花。
お庭をパステルカラーに彩ります。
甘く上品な香りがするので「スイートピー」と名付けられました。

スイートピーはマメ科のつる性植物で秋まき一年草です。つる性の草花は夏や秋に咲くものが多く、春咲きの花はほとんどないので、スイートピーは重宝がられ、よく利用されます。 ご質問ではタネが発芽しなかったということですが、お気づきのように覆土しなかったことが原因だと考えられます。好光性種子と呼ばれるタネの場合は、明るくないと発芽しないので覆土をしてはいけないのですが、これらに当てはまるタネはすべて微細なものです。小さいタネは含まれている栄養分が少ないため、発芽するとすぐに光合成ができるよう、明るい場所で芽を出すように適応しているのです。 一方、スイートピーのタネは大きく、明るい場所では発芽することができません。このようなタネを嫌光性種子といい、すべて覆土が必要です。覆土の深さは通常、タネの直径の2~3倍が目安ですので、スイートピーの場合は1㎝ くらいの覆土をします。 スイートピーの発芽温度は20℃ぐらいのため、タネまきは10月中旬~11月上旬に行います。まずタネを一晩水につけ、水を吸わない硬実種子は発芽しないので取り除きます。その後、3号ポットに2~3粒ずつまくか、花壇やプランターなどに1カ所3粒ずつ、20㎝ くらいの間隔で直まきします。どちらも1㎝ ぐらいの深さの穴を指などで土にあけ、タネを入れて埋め戻します。ポットまきのものは、発芽して適当な大きさに育ったら、ポットから抜いて定植してください。 なお少量のタネまきをする場合は、もっと確実な方法があるので左記をご参照ください。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました