チューベローズの花言葉は「危険な快楽」

メモ

あああ

チューベローズは背が高くなる植物です

いいい

チューベローズの花言葉は「危険な快楽」。

チューベローズはその名前の由来ともなった球根で増える植物です。花が咲いた後の9月頃、追肥をすることで球根が大きく育ち分球します。しかし、分球した球根はまだ花が咲くほどの大きな球根ではなく、翌年に花を咲かせることはできません。

チューベローズの花言葉に「危険な」という冠が付くのは、この花が特に夜になると甘いエキゾチックな香りを漂わせることに由来しているといわれています。
夜になると甘い香り放ち、男性を誘惑する美しい女性のようなイメージがチューベローズにはあるからです。

チューベローズの花の良い香りはたびたび香水のトップノートとして使用されます。トップノートというのは香水をつけてすぐ感じる香りのことです。香水には、トップノート、ミドルノート、ラストノートと3種類の香りが時間差でにおい立つように調合されています。
その最初の香りトップノートは香水の印象を決める大事な香りともいえます。香っている時間は短いですが、香水をつけた人が一番強く感じることのできるトップノートは「香水をつけた本人のための香り」といえるでしょう。

実はチューベローズの花は原産地がハッキリとしていません。南米メキシコあたりといわれていますが、野生に自生するチューベローズの花が発見されていないせいで、どこが原産地か確定することができないのです。

チューベローズの誕生花は6月16日と9月2日になっています。チューベローズはセクシーな花言葉の意味を持っているので直接花を誰かれかまわず贈ることはできませんが、チューベローズの花を使った香水などを、代わりにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

チューベローズという花の名前は英語で書くと「tuberose」となります。英語読みではチューベローズですが、元々はラテン語の「チューベロサ」という言葉が花名の由来となっています。「ふくらんだ、塊根状の」という意味を持っていて、これはチューベローズが球根で増える植物であることを意味しています。

先にも申し上げたとおり、チューベローズの最大の特徴はその甘い香りにあります。チューベローズの日本語名にもある「夜来香(イエライシャン)」も香りの特徴から由来しています。香りが夜に来るというその名前とおり、夜に特に強く香る花です。

チューベローズの花は白が多いですが、中にはピンクがかったり黄色のチューベローズの品種もあります。チューベローズの開花時期は7月から9月ころ。夏に咲く花です。

チューベローズはリュウゼツラン亜科ゲッカコウ属に属する植物です。白くてとてもよい香りのする花を咲かせます。ハワイではレイを作るのにこのチューベローズを使うためにたくさんの花が栽培されています。
日本語の花名は「月下香」で、特に夜間に強く香りを発することからこの和名がつけられたといわれています。

チューベローズは背が高くなる植物です。鉢植えに限らず自分の頭の重さで根元から倒れてしまうこともあります。それを防ぐためにも露地植えでも根元に盛り土をしてあげたり、支柱を立ててあげたほうがよいでしょう。

チューベローズの花の香りから受けるイメージの他、アロマなどの精油には「催淫(さいいん)作用」というものがあるものがあります。これは香りを嗅いだ人にセクシーな気持ちを起こさせる作用があるといわれています。この催淫作用がチューベローズはとても強くあらわれ、フランスでは母親は娘に対して「夕方になったチューベローズの畑には近づいてはいけない」としつけるそうです。

チューベローズの花言葉は「危険な快楽」といいます。とてもセクシーな花言葉の意味を持つ花です。この他にもチューベローズの花言葉は存在しますが危険な○○とつくものばかりです。
「危険な関係」「危険な楽しみ」「危険な戯れ」がそれです。

チューベローズで心配される害虫は「アブラムシ」です。気温が上がる春先ころからアブラムシが発生しはじめます。見つけたらアブラムシ駆除の農薬を散布するとよいでしょう。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました