ピエロ 歌詞 中島みゆき

メモ

あああ

ピエロ 歌詞 中島みゆき

いいい

「誘惑」って中島みゆきの曲の中でも80年代へのシンクロ度の高さではなんか特別だよね。

中島みゆきの代表曲である『時代』は、これまでにいくつかのバージョンが発表されている。 現在、メディアで主に流れているものは、1993年に瀬尾一三がアレンジを手掛けたバージョン。 このアルバムに収録されている『時代』は、1975年にリリースされたもので、アレンジを船山基紀が手掛けている。

中島みゆきの「あたいの夏休み」の「新聞に載るほど悪いこともなく、賞状を貰うほど偉いこともなく、そしてゆっくりと一年は過ぎていく」という歌詞が好き。 生活…って感じする。

さっき洗濯場に行ったらラジオから「ひとり上手」中島みゆきかかっていて、足を止めて聴き入ってしまった。 あの声と曲調は、確かに失恋した頃、恋愛で、悩んだり人生投げ出したいと思ってた頃は心に沁み死にそうに思う曲だ。 今聴いても心に沁みる。

中島みゆきの「おもいで河」昔から知ってる曲だけど、妙に最近心に引っかかってるフレーズ。

中島みゆき「波の上」なんか特にぐるぐる。遠いエデンゆきの貨物船ってなんだろう。なんで貨物なんだろう。大切な人を失った歌なんだろうな、とかいろいろ。

中島みゆきさんのショウ・タイムの歌詞の、「いまやニュースはショウ・タイム」、「いまや総理はスーパースター」とか「通行人もスーパースター」っての当時からもうそんな雰囲気が形成されてのかなと思わせる。

中島みゆき「どこにいても」、 終盤の展開が凄すぎて「やめてくれー!!」と思わず外へ飛び出した。 引用不可。聴いてみて下さい。

もちろん中島みゆき以外のアーティスト曲も聴くことができる。 その数、7,500万曲以上!!

当初、歌う予定だったもともとの曲は、当時の中島みゆきの音域では歌いこなせなかった。 そのため、大幅に手直しがされ、完成したのがこの『孤独の肖像』だ。

中島みゆき初のオリコントップ10入りした曲で、かつ1位を獲得した曲。 「この曲で1つの看板をつくってしまった」と後に中島みゆきが語っている。 それほど世間にインパクトを与えた曲だ。

中島みゆきのシングル曲はお手持ちのスマホ・パソコン・タブレット端末で今すぐ聴くことができる。

今日運転していたら、目の前の車の男女が、信号で止まるたびにチュッチュチュッチュしてる訳なんですよ。 そんな私の車には、偶然『わかれうた(中島みゆき)』が流れていたんですよ。

中島みゆき世界の女性、だいたい修羅を生きている。「やまねこ」の歌い出しとかすごい世界観。

悪い噂を信じたがるのは、それに便乗して別れる口実を作りたがっているからか? 中島みゆきの鋭い洞察力が光る1曲だ。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました