ピーチジョン

メモ

あああ

ピーチジョン

いいい

佐藤は「自分らしさとハッピーの相乗効果を伝えたい」とコメント。ゆりやんは、「かわいい下着とかけ離れ生きてきたが、『ピーチ・ジョン』の元気、セクシー、ハッピーを目指そうと思う」と話した。ゆりやんのお笑いネタから元気をたくさんもらっていたという佐藤。

販売員をやりたいと思っていた時に、ピーチ・ジョンでフィッティング等の接客をしていただいたスタッフさんが格好いい!と思ったのがきっかけで、接客未経験でしたが応募しました。下着は毎日身に着けるものなので、正しい知識を身につけることができることも魅力的でした。ピーチ・ジョンは制服があるので店頭で着る服を買う必要がなく、出費がないのも大きな決め手です。下着の種類も豊富なので、年を重ねて趣味が合わなくなってくることもないだろうなと思いました。

ライフイベントも楽しめる「働きやすさ」がピーチ・ジョンの自慢でもあります。今までも、これからも。

前職はお洋服の販売をしていました。働いているうちに、ブランドと好みが変わってきたので転職を意識し始めました。接客が大好きだったので、次も販売がいいと思いましたが、お洋服だと「また好みが変わるかもしれない・・・」と悩んでいた時に、ピーチ・ジョンの求人を見つけました。ピーチ・ジョンなら幅広いデザイン、機能性の下着があるのでテイストが合わなくなることもないと思い働きたいと思いました。また、その時期にピーチ・ジョンのカタログを見る機会があり、おしゃれで可愛い!と思い興味が引かれました。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました