ホンダ ストリームは2006年7月にフルモデルチェンジしました

メモ

あああ

ホンダ ストリームは2006年7月にフルモデルチェンジしました

いいい

また、当時のホンダ ストリームユーザーの多くが子供のいるファミリー層です。子供が乗り降りする際にも便利なスライドドア式ミニバンの登場は、ユーザーの目を惹きつけました。

ホンダ ストリームの生産終了から4年、その特徴を受け継いだ「ホンダ ジェイド」が登場します。当時人気の高かった箱型ミニバンとの差別化をはかり、車高の低さ・走行性能の高さを実現しました。ラインアップ全てがハイブリッド車であることも特徴です。

その後のフルモデルチェンジにより、ホンダ ストリームは若干の巻き返しをはかります。しかし、スライドドア式のミニバンの登場により、最終的には両車ともに生産終了へと至ります。

ホンダ ストリームの購入を検討する際は、ネクステージにお任せください。ネクステージでは、徹底的な品質チェックを行っています。修復歴車の販売はありません。豊富な在庫の中から、安心してお求めの車を探しましょう。

立体駐車場だけど7人乗りが欲しい方!ストリームがありますよ当店ではZOOMアプリを使用したオンライン商談も承ります。 詳しくは0466-44-8660までお問合せ下さいませ!

ホンダ ストリームは快適な車内空間とスポーティな走りを両立させた、ロールーフミニバンです。2014年に生産終了しましたが、今でも満足して乗ることのできるスペック・装備を兼ね備えています。

アールヴィング・ジャパンではそのように次世代に受け継げるAirstream(エアストリーム)やSpartan(スパルタン)などの中古(ヴィンテージ)のキャンピングトレーラーをアメリカから直接買い付け、販売しています。

なぜホンダ ストリームが生産終了になったのか、どういった車が影響を与えたのか詳しく見てみましょう。

ホンダ ストリームの生産中止に大きな影響を与えた車として、一番に挙がるのが「トヨタ ウィッシュ」です。車体サイズや商品コンセプトなど、ユーザーがホンダ ストリームに求めていた条件のほぼ全てがそろっていました。

ホンダ ストリームは2006年7月にフルモデルチェンジしました。大きな特徴は、車高が低くなったことです。エクステリアパーツも増え、さらにスポーティな印象に進化しています。

人気の理由としては見た目の美しさもさることながら、その耐久性もあげることができるでしょう。車体本体が全てアルミでできているため、中古のエアストリームは内装をリノベーションすればまた次世代へと受け継ぐことが可能なので、店舗や事務所、離れなどにもお使いいただけます。

エアストリームの象徴的なモデル、フルポリッシュのバンビ!傷もなくホイールや灯火類、エアコンも使え、外部電力供給可能です。ものすごくきれいな貴重な一台です。

ホンダ ストリームの人気を受け、さまざまなミニバンが登場しました。特に注目を集めたのは、スライドドア式の箱型ミニバンです。さらなる車内空間の広さを求めるユーザーが多かったためだと言えます。

エアストリーム パークはRVing Japan Airstream Club(RJAC)の会員様だけが立入れる秘密基地です。

Airstream(エアストリーム)は1931年アメリカ ロサンゼルスでエアストリームの創設者 Wally Byamによって生み出されました。戦争や不況を乗り越え、今日まで最高級のアメリカンキャンピングトレーラーとして多くのファンを惹きつけています。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました