ボタンの植え替え方

メモ

あああ

ボタンの植え替え方

いいい

ボタンは年間をとおして戸外の日当たりがよい場所で育てられますが、鉢植えの場合は季節によって置き場所を変えるようにしましょう。春や秋の時期は日当たりがよい場所に置き、夏は直射日光の当たらない半日陰で西日も遮ります。冬は冷たい風にあたらないようにして、必要に応じて雪よけをほどこしてください。地植えの場合は、東向きの場所に植えるとよいでしょう。

ボタン(牡丹)は育てるのが難しいと思われがちですが、寒さや乾燥に強く、本来は丈夫で育てやすい植物です(加湿と暑さは苦手です)。一年目は花を咲かせず、早い時期に蕾を摘み取って、ボタン(牡丹)の自根をしっかり育てることが花を長く楽しむコツです。

ボタン(牡丹)は植え替えを嫌います。鉢植えは成長が鈍ってきたとき以外は避けましょう。庭植えは基本的に植え替え、移植しないようにして下さい。

■株元に土寄せをする。(自根が出やすい)
シャクヤクのゴボウ根を台木としているので、牡丹(ボタン)自身の根を早く出させるようにします。
土寄せをしないで空気にふれて乾いていると、牡丹(ボタン)自身の根がでません。

苗木が市場に出回るのは、植えつけに適した9〜10月ごろです。市販の苗木はほとんどが同じボタン科ボタン属の草であるシャクヤクを台木にした接ぎ木苗なので、苗から伸びている根はボタン(牡丹)の根ではなく、シャクヤクの根であることを理解しておきましょう。

株式会社カインズの公式通販・オンラインショップは、ホームセンター売上No.1で、オリジナル商品や、栽培に役立つガーデニング用品・園芸用品・土・肥料・ホースの取り扱いが豊富です。また、アイテムはボタン一つで揃います。

ボタン(牡丹)は一度植えつければ毎年花を咲かせる落葉低木です。種から育てると最初の花が咲くまでに5〜10年を要するので、苗木から育てるのが一般的です。

ボタンはやや乾燥気味を好みます。地植えの場合、基本的に水やりをする必要はありませんが、夏の乾燥している時期には、朝や夕方に水やりするとよいでしょう。鉢植えの場合は、3月~5月は水切れしないよう気をつけてください。夏は表土が乾いたらたっぷりと水やりします。秋になると乾燥に注意しながら水やりを控えめにして、冬も水やりの回数を減らしてください。

炭疽病は春から秋にかけて発生しやすく、特に梅雨や秋雨の時期に注意が必要です。炭疽病は風通しが悪くても発生しやすくなりますので、ボタンを植える場所には注意が必要です。

ボタンとシャクヤクは比較されることも多い花です。

ボタンは、季節ごとに十分な緩効性肥料をほどこす必要があります。根が傷つく恐れがある植えつけの直後は避けて、植えつけ後1ヶ月ほどして根元から離れたところに施肥してください。そして、2月上旬~3月上旬の発芽時期、開花後の5月上旬~6月上旬、根がのびる9月下旬~10月にに肥料を与えましょう。肥料の種類は、油かすや腐葉土を発酵した有機配合肥料や、緩効性化成肥料などがおすすめです。

ボタンは粘土質の土では根を張ることができません。また、土が固くても育ちませんので、苗を植える前に土質を確認し、よく耕して土を柔らかくほぐしてから苗を植えましょう。

ボタンにはたくさんの肥料が必要になりますので、植え付けを行うときに緩効性の肥料を与えるほか、年に3回肥料を与えます。

苗木を植えつけた翌春には花が咲きます。しかし、株そのものの勢いは弱ってしまいます。ボタン(牡丹)の根の成長はきわめて遅く、植えつけて半年ほどでは太さが1cmにもなりません。シャクヤクの根の力だけで花を咲かせたボタン(牡丹)はひ弱で、数年後に枯死しても不思議ではありません。

ボタン(牡丹)が横に枝を張っていくのに対し、シャクヤクは茎が立つように上に伸びていきます。そのためボタンはどっしりとした株姿になり、シャクヤクは縦方向にしなやかに伸びる株姿に。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言い回しは、こうした株姿の違いをうまく捉えた表現だといえます。ちなみにすぐ上の画像は、木質化した枝が横に張ったボタン(牡丹)です。シャクヤク(芍薬)は緑色の茎がスッと立ち上がる草姿をしています。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました