ラベンダーオイルには肌を整えるはたらきがあります

メモ

あああ

さらに ラベンダーには香りと同時に 虫除けの効能もあります

いいい

ラベンダーの品種は『真正ラベンダー』、『スパイク・ラベンダー』、『ラバンジン』の3種類に大別され、ラバンジンは前二者の交雑による交配種と見なされています。現在日本で主に栽培されているのは、真正ラベンダーという品種です。

曽田香料が入手したラベンダーを種子から育てると、様々な性質を持った株が混在しました。この数多くの株ごとに挿し木で株数を増やし、収量や香料品質について比較検討しながら品種を選別固定する方法が取られ、道立農業試験場が系統比較試験を行って、最終的に栽培品種になったのは4品種。種苗に1号、2号、3号、4号の番号が付けられています。これらのことから、国内で主に栽培されているラベンダーは、品種改良ではなく栽培、収量、香料品質により選抜されたものと思われています。

ただし、もともとラベンダーは植え替えを得意としない点、寄せ植えにすると根詰まりを起こしやすい点などからいずれは枯れてしまう前提で育てるようにしましょう。

ちなみにラベンダーの切花は、水の吸い上げが悪く、一般的な生花のように水を入れた花瓶で飾るには長持ちしないので注意しましょう。

特徴のある芳香と多くのメリットをもつラベンダーは、何世紀にもわたって大切に利用されてきました。古代エジプトや古代ローマでは入浴やくつろぎの香り、香水として幅広く用いられ、その最大の特長として、おだやかさと安らぎをもたらしてきました。ラベンダーオイルには肌を整えるはたらきがあります。浴槽に数滴加えたり、こめかみや首の後ろに塗ると、安らかな気持ちに。おやすみ前に枕に垂らしたり、足裏に塗布すると、心地よい眠りに。さまざまな用途に利用できるため、常備しておきたいオイルのひとつです。

ラベンダーの季節にはまだですが、6月下旬より早咲きのラベンダーが見頃を迎え、7月の中旬ごろから7月末にかけラベンダー最盛期を迎えます。お楽しみに。

ラベンダー油を取る場合は、花が満開になる前に刈り取るのですが、花の観賞だけの目的の場合は、花が終えてからでも良いでしょう。ドライフラワーやポプリ(乾燥花つぼみ)として利用する場合「こいむらさき」は開花が始まった時、「おかむらさき」は八部咲きくらいが適時となります。

花壇に植えて花を楽しむほか、花や茎、葉などに芳香がありハーブとしても扱われます。蒸留して得られた精油(エッセンシャルオイル)は香料や香水の材料になります。芳香の主成分は酢酸リナールやリナロールでこの2つで芳香成分の8割以上を占めます。いくつかの種から精油が採取できますが、その中でもイングリッシュラベンダーが最も質が高いとされています。花を乾燥させたものはポプリになります。

ラベンダーの香りは昔から鎮静効果と睡眠促進効果があると言われています。最近では、ラベンダー畑の紫色が風にそよぐ風景も、潜在的なイメージから香りの効果と共に心癒される花(ハーブ)と言えます。また、古くから殺菌・防虫効果もあると言われていて、観賞用だけでなく、ラベンダーの用途は実に幅広く利用されています。ハーブ関連の書籍やハーブショップ、インターネットなどで情報を得てお試し下さい。

現在、全国的にラベンダーの栽培が広まっていますが、「おかむらさき」・「こいむらさき」の他に、シソ科のラベンダー属として約25種があり、葉や苞葉の形状により『スパイカラベンダー・グループ』、『フレンチラベンダー・グループ』、『ファーンラベンダー・グループ』の3グループに分けられています。 国内のハーブ園などでは、苗や種の輸入により色々な品種が栽培されていると思われます。

Lavande きれいが羽ばたく プロヴァンス全体がラベンダーの香りと色で包まれる時。ロクシタンは毎年収穫を祝い、厳選されたラベンダーエッセンシャルオイルを配合した製品を展開します。ラベンダーシリーズではボディケア、フレグランス、ホームフレグランス製品に配合されています。 プロヴァンスを代表するハーブ、ラベンダー。そのなかでも「オートプロヴァンス」と呼ばれる標高800m以上の高地で栽培されるラベンダーは、高品質のラベンダーとしてしられ、良質なエッセンシャルオイルが抽出されます。

ラベンダーは日当たりが良く、水はけの良い場所を好みます。湿気のある場所や梅雨の長い地域では、土を盛って水はけを良くして植えて下さい。苗木を手に入れたらすぐ植え、その間根元は乾かさないで下さい。最初に植える時だけたっぷり水を与え、その後は自然のままで周囲の草取りの管理くらいです。

①穂先に小さな花を付ける一般的なラベンダー、②うさぎの耳またはリボンのような花を付けるフレンチ系ラベンダー、③葉がレースのような羽状になっているレース系ラベンダーの3つに分類されて売られていることが多いです。

◇ハーブの女王ラベンダーはハーブの中で最も代表的なものの一つで、地中海沿岸地方原産の多年草、草丈は1mくらいになります。一般的に知られているラベンダー色といわれる紫色の花色のほかに、濃青紫色、淡青色、桃色、白花など多彩な色が見られます。古代ギリシャ・ローマ人はラベンダーを入れた湯で入浴しましたが、名前も、ラテン語のラベーレ(lavare、入浴する)に由来します。ラベンダーは、花だけでなく茎葉など全草に香原料として人気の高い芳香成分を含有しているので、フランスやイギリスでは園芸(農業)や香料工業、観光用などの産業としても重要な植物になっています。ハーブティー、エッセンシャルオイルのほか、入浴剤、観賞用、切り花、ドライフラワーとしても利用されています。日本では、主に北海道の富良野地区や中部以北の冷涼地において栽培されていて、香料用のほか、観光用ガーデンや切花用生花、手芸用ドライフラワーなど、多角的に利用されています。◇髪のリンスやハーブ・バスに昔から、ラベンダーの香りには「神経を沈静化する効力がある」と言われてきましたが、近年の科学技術の進歩で脳波の検査や香気成分の測定などができるようになって、まさしくその効能があることが確認されています。ほかにも、頭痛やめまいを治すとか、学名のラワンドラの由来が「洗う」であるように、髪のリンスやハーブ・バスに用いるとよいとされています。石鹸をはじめ、ラベンダーの香りのする化粧品などが多いのは、このあたりから来ているのでしょう。◇美容、健康面でデオドラント効果が高いイギリスの本草学者ジョン・ジェラードは「偏頭痛やめまいを訴える患者の頭頂を、この草で洗う」という処方を、同じくイギリスの植物学者サー・ジェイムズ・スミスも「酒にこの草を混ぜたチンキは、優雅に薬をたしなみたい人々にとって、最良の一杯である」と言っています。花、葉、茎の全草が香りますが、花の精油が最も上質で、産地別では英国のものが優れています。現代人の抱えているストレス、イライラやヒステリー、頭痛、めまいを穏やかに治し、不眠症、不安症に悩む人々にも効果があります。美容、健康面でデオドラント効果が高く、消毒、抗炎、治癒作用に優れ、新陳代謝をよくすることが知られています。また、肌質を問わず活き活きさせるローションとして用いることができ、にきび、やけど、脱毛症にも進められます。さらに、ラベンダーには香りと同時に、虫除けの効能もあります。昔、南フランスのグラースに住む手袋作りの職人たちは、地元特産のラベンダーオイルで手袋の材料の皮革を磨いていましたが、そのおかげで伝染病にかからなかったため、この話が広まってほかの地方の人々も競ってこのハーブを栽培するようになりました。

ロクシタンの製品は、その「オートプロヴァンス」で栽培・抽出され、かつA.O.P認定を受けた高品質のエッセンシャルオイルが使用されています。ラベンダー エッセンシャルオイルは、リラックス効果に非常に優れ、プロヴァンスでの生活に欠かせないもののひとつです。 パッケージ・デザインは、エッセンシャルオイルを保存するために、古くからプロヴァンスで使われている“Estagnon”という伝統的なアルミボトルからインスパイアをうけました。ユニセックスで洗練されたデザインは、性別を問わず幅広い年代の方にお使いいただけます。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました