ロードセルの仕様書には「精度」という項目の記載はされていません

メモ

あああ

ティアックのロードセルは ひずみゲージ式を採用しています

いいい

Metoreeでは各社ロードセルのカタログを無料一括ダウンロードできます。

最大500 gまでの圧力を電気信号に変換できるバー型ロードセルです。歪(圧力または力)に反応し、電気抵抗が変化します。このロードセルは、アルミ合金製で、500 gまでの重量を読み取れます。ロードセルには、歪ゲージが4つあり、ホイートストンブリッジ回路に接続されています。配線の色は、赤(Exc+)、緑(Sig+)、黒(Exc-)、白( Sig-)です。さらに、ロードセルはIP65防水保護で、取り付け用にM3サイズのネジ穴が4つ開いています。

従来の機械式体重計はレバーを使用して加えられた重量を分配し、機械式ダイヤルに接続されたバネを駆動しますが、現在のほとんどのデジタル体重計は複数のひずみゲージベースのロードセルを使用して重量を計算しています。

ロードセルが荷重の大きさを検知して電気信号に変換する仕組み(原理)ですが、物体が応力を受けると力の大きさに応じて歪みが起こるという性質を利用しています。

ロードセルの仕様書には「精度」という項目の記載はされていません。ロードセル単体の精度は 仕様に記されている 直線性、ヒステリシス、再現性、温度影響から総合的に判断します。ロードセルへ既定の電圧を印加した場合に、荷重に比例した電圧を出力しますが、その電圧は大きくても20mVほどの微小なものです。この小さな電圧をさらに分割して計測しますので、検出した電圧を増幅し力の数値とするための表示計が必要です。ロ ードセルを使った計測装置の精度は、ロードセルや表示計のそれぞれの、個体の誤差、温度条件、取り付け状態、振動などによって発生する誤差を含めて総合的に判断する必要があります。それには検出部であるロードセルの精度と、表示器の精度をそれぞれ求め、それらの二乗の和の平方根で総合精度を計算します。

ロードセルのメーカーや取扱い企業、製品情報、参考価格、ランキングをまとめています。イプロスは、ものづくり・都市まちづくり・医薬食品技術における情報を集めた国内最大級の技術データベースサイトです。

富士コントロールズ製のロードセルは、携帯電話やDVD、自動車部品製造など、さまざまな用途に採用されています。ロードセルを応用し、エアープレスやハンドプレスに導入することで、組付けやカシメに必要な推力を適切に制御することが可能になります。ラムシャンク型ロードセルは、既存プレス機のラムシャンク部に取付け可能となっています。また、超薄型ロードセルは、高さスペースを取らずに、同様な既存プレス機への導入が可能です。その他、軽量・小型や下置型ロードセルがあり、用途に応じて選定します。

密封構造で薄型の高精度型荷重計(ロードセル)です。主としてスペースの狭い所や産業用機械のシステムセンサとして広く使用されています。

ティアックのロードセルは、ひずみゲージ式を採用しています。お客様の用途に合わせた適切なロードセルをご提供しておりますが、その中でもティアックが得意としているのは、超小型低容量のロードセルです。また、カスタマイズ対応にも力を入れています。

私達はひずみゲージロードセルベースの機器を、毎朝意識せず使用しているかもしれません。それは下図の機器です。

東洋測器製のロードセルは、定格容量10N程の小型タイプから、3MNの高容量タイプがあります。荷重負荷方式は、圧縮型や引張圧縮型をはじめとして、クレーンやホイストに使用されるピン型やエレベータかごの重量計測等に使用されるロープ張力用、エレベータ積載重量の測定や管理をおこなうエレベータ用ロードセルなどのラインナップがあります。同じ荷重負荷方向であっても、本体の材質や取付け方法、厚みなどが異なり、設置場所にあわせて選定することができます。ロードセルからの電気信号は、デジタル指示計やアンプに接続し出力します。それにより、測定結果の表示や記録、管理をおこなうことができます。

高級品の体重計では、ひずみゲージベースのロードセルが、スケールの四隅のそれぞれに設置されています。ロードセルの2つは引張りモードで配置され、他の2つは圧縮モードで配置されます。

パンケーキ型ロードセルは、張力と圧縮の両方が発生するアプリケーション向けに設計されています。

ロードセルは多くの分野で使われていて、私たちの身の回りにある電気製品の内部にも組み込まれています。

これらのタイプは圧縮専用に作られていますが、一部のモデルでは圧縮と引張の両方に使用できます。中央の穴は、必要に応じて構造の一部がロードセルを通過できるようにします。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました