ロードマップを作る目的やメリットは次の3つです

メモ

あああ

企画書やクライアントへのプレゼン資料としても使われるロードマップ

いいい

例えば、物流会社が新しい物流ソフトウェアを導入する場合、この導入プロセスが遅れると配送チームの業務に支障が生じ、停止してしまうこともあります。技術ロードマップの活用にはチームメンバーとの密なコミュニケーションが欠かせませんが、この問題を解決するのがステータスレポートです。

プロジェクトロードマップは、名前は似通っていても、内容としては完全に異なります。プロジェクトロードマップは、新製品発売プロジェクトだけでなく、あらゆるプロジェクトにおいて不可欠なツールとして活用されます。たとえば、バーチャルイベントの計画や IT チームによる展開が予定されているプロジェクトでは、プロジェクトロードマップの作成が推奨されます。どちらの場合でも、プロジェクトロードマップを使えば、プロジェクト目標とその達成方法の全体像を得ることができます。

ロードマップには「道路地図」という意味と「目標達成までの道筋」という2つの意味があります。 プロジェクトを成功させるには、後者の「目標達成までの道筋」を立てることになるのです。

技術ロードマップ作成にはさまざまな手法やモデルがありますが、通常は IT システムロードマップと技術ロードマップの2つのカテゴリーに分類されます。

技術ロードマップとは、特定の組織における技術の導入計画を表した文書や図を指し、ビジネスリーダーが導入すべき技術の種類、タイミングや理由を計画して戦略にまとめ、高額なコスト負担を伴う失敗を避け、技術が陳腐化する見通しを想定するために作成されます。

ロードマップを作る目的やメリットは次の3つです。

IT システムロードマップとは、企業や組織全体で重要な機能を実現するためのパラメータ設定を目的に設計された図やモデルを指し、現在の IT 能力、予測される IT 関連のニーズや事業戦略の実践のために予定されている改善を効果的に示す上で有効です。

プロジェクトロードマップとは、プロジェクトの成果物、主要マイルストーン、全体的なプロジェクト目標を含む俯瞰的な全体像です。このツールは、プロジェクト開始の際に、一番初めに作成する必要があります。プロジェクトロードマップを土台とすれば、その内容に基づき、その他の重要なプロジェクト計画用文書 (プロジェクト計画やプロジェクトスケジュールなど) を作成できます。

企画書やクライアントへのプレゼン資料としても使われるロードマップ。 商品やシステム開発、企業の目標達成までの大まかな計画書として、さまざまな場面で使われています。

ガントチャート満足度No.1らくらくプロジェクト管理〜小さなチームも大きなプロジェクトもマネジメントをもっと簡単に〜 まずは無料で試す 詳しい話を聞いてみる「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー 前田敦子ロードマップは、プロジェクトのおおまかな計画を立てる時に使用する工程表です。

IT ロードマップは一般に、事業継続のための主要なシステムに関する計画を伝えるために使用されます。こうしたシステムには、顧客関係管理システム (CRM)、企業資源計画システム (ERP)、データ分析システム、ID 管理システムやサイバーセキュリティシステムなどが含まれますが、これらに限定されません。

詳細なプロジェクト計画を作成する前にロードマップを作りたい人は、ぜひ参考にしてください。

技術ロードマップの役割は、新しい技術ソリューションの導入や既存の技術ソリューションのメンテナンスのための全般的な行動指針を定め、IT、ソフトウェアエンジニアリング、運用の各部門の管理職や営業チームなど、関係するステークホルダー間の調整を行うことにあります。

プロジェクトロードマップとプロジェクト計画にはさまざまな共通点があります。どちらもプロジェクト開始時に作成される文書です。そして共に、いったん決定されたら手が加えられることはないルールではなく、継続的に更新できる「生きた文書」です。一方で、プロジェクトロードマップは、主な目的が俯瞰的な概要を記載することのみに絞られる点で、プロジェクト計画とは異なります。プロジェクトロードマップ作成時は、具体的な詳細を加えすぎて本来の目的が薄れてしまわないようご注意ください。「ロードマップ」は「道路地図」を意味する言葉ですが、その目的は、目標地点までの詳細な道順を説明することではなく、鳥瞰図を提供することです。

役立つ技術ロードマップには、以下の3つの特性が必要となります。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました