今回は 十五夜やお月見の風習や歴史を解説しました

メモ

あああ

2021年の十五夜は9月21日(火)です

いいい

ちなみに、今年の十五夜は9月21日なので、覚えておいてね~。

今回は、十五夜やお月見の風習や歴史を解説しました。中国から伝わった十五夜ですが、今や日本の伝統文化として大切に受け継がれています。

黒ゴマでお団子に顔を描いたこどもが喜びそうなアレンジ。きな粉を敷いたお皿に平たく盛り付けていて食べやすさも◎。ちなみにサツマイモも昔から十五夜にお供えする収穫物のひとつです。

お月見といえば十五夜が有名ですが、十五夜以外でもお月見をするときがあります。

「十五夜」は、お供え物をしてお月見をする日です。お月見では「農作物を収穫できたことへの感謝」と、月の満ち欠けから連想された、「命を繋いでくれた祖霊への感謝」や祈りを捧げます。

十五夜のお供え物として、「月見団子」も定番です。米粉を満月のように丸い形に作ったお団子は、豊作の祈願や、収穫への感謝の意味が込められています。月見団子は、十五夜にあわせて15個の団子を重ねます。また、満月は1年に12回あることから、12個の団子を積む場合や、閏年なら13個を重ねることもあります。

十三夜は収穫を祝う行事でもあることから、栗や豆などを供えて食べる習慣があります。この他、収穫されたブドウなど果物や野菜を供えて秋の実りに感謝します。
また諸説ありますが、十三夜で供える月見団子の数は13個、または簡略化して3個と言われています。ちなみに十五夜では、15個か5個の団子を用意して積み上げてススキを飾り、酒などを用意して月を愛でるのが一般的です。ススキは秋の七草の一つで、鋭い切り口が魔除けになると考えられてきました。

「昔の人も今と同じように月を眺めていたのかもしれない…」そんな日本の文化や歴史に思いを馳せながら、十五夜のお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

十五夜(中秋の名月)は満月とは限りません。これは新月から満月になるまでにかかる日数が、13.9日〜15.6日と幅があるためです。

仲秋のお月見は、収穫前の「十五夜」と収穫後の「十三夜」がひとセット。これを合わせて『二夜の月(ふたよのつき)』といいます。どちらか片方を見なければ「片見月」または「片月見」といって縁起が悪いものといわれました。

旧暦で、秋は7月~9月です。そしてその中間にあたる8月を「中秋」と呼んでいました。そのことから、「旧暦の8月15日の月」を「中秋の名月」と呼ぶようになったのです。十五夜は旧暦で15日にあたる日のこととご説明しましたが、その中でも旧暦の8月15日が特別に「中秋の名月」と呼ばれるのは、1年の中でもっとも月が美しく見える時期だからです。

新月が月の1日目で、満月が15日頃になるようになっていたんだって。だから十五夜というのは新月から月齢15日目という意味もあるんだね。

茎が空洞であるススキは、神様の依代(よりしろ)であるともいわれています。十五夜は豊作を祈る行事のため、本来なら稲穂をお供えしたいところですが、場所によっては穂が実る前、あるいはすでに収穫が終わってしまう場合もあるため、代わりに穂が実ったススキを使うようになったといわれています。ススキと一緒にクズやナデシコなどの「秋の七草」をお供えする場合もあります。

2021年の十五夜は9月21日(火)です。

十五夜の月を見たら、十三夜の月も同じ場所で見ると縁起がよいそうです。ぜひ両方のお月見を体験して、月の形や見え方の違いを親子で発見してみるのも楽しそうですね。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました