夏の大三角形ともいう

メモ

あああ

まず夏の大三角の見つけ方について解説します

いいい

上述のとおり、「夏の大三角」は20世紀に定着した呼び名であるため、この三角形にまつわる古い神話は存在しないようだ。

夏の星座の目印。7月の晩では、東を向いて見上げたところにあるいちばん明るい星が「こと座」のベガ。ベガから右下の方向にある「わし座」のアルタイル、ベガから左下の方向の「はくちょう座」のデネブ。この3つの星を結んだ三角形を「夏の大三角」という。8月や9月の晩には、ベガが頭のま上に見えている。

はくちょう座(ざ)のデネブ、こと座(ざ)のベガ、わし座(ざ)のアルタイルの3つの1等星が形づくる天球上の大三角形。夏の大三角形ともいう。

「なかなか夏の大三角を見つけられない」という方は、観測アプリを活用してみましょう。

夏の大三角は3つの1等星、こと座のベガ(織姫星)、わし座のアルタイル(彦星)、はくちょう座のデネブ、を結んでできる大きな三角形で、夏の星空の目印になります。

そしてついに1950年代に入ると、イギリスの天文学者パトリック・ムーア (Sir Patrick Moore) が「サマートライアングル(The Summer Triangle)」として普及させ、日本では「夏の大三角」として定着していった。

「夏の大三角」(なつのだいさんかく)は、こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブを結んで描かれる三角形。

「夏の大三角形」とも呼ばれる。英語では「サマートライアングル(The Summer Triangle)」。冬には同様に「冬の大三角」が見られる。

まず夏の大三角の見つけ方について解説します。

もちろん、「夏の大三角」に関連するそれぞれの星座、こと座、わし座、はくちょう座については、それぞれの神話が存在する。

中でも、夏の大三角を見つけるのに役立つ機能は、AR(拡張機能)を使った「スカイウォッチング」です。
スカイウォッチングでは、デバイスのカメラを使って星座を探すことができます。夜空に向けてカメラを向けると、今見ている夜空に星座の形が表示されます。

子供さんと一緒に夏の大三角を探すなら、スマホアプリもいいが、直感的で扱いやすい星座早見盤がオススメ。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました