夢の家

あああ

夢の家

いいい

「夢の家」の寝室は4色の部屋があり、部屋と同じ色の夢をみるためのスーツを着て、黒曜石の枕の「夢をみるためのベッド」で鉱物から発せられる自然のエネルギーを感じながら一晩を過ごします。翌朝、みた夢を「夢の本」に書き綴り、「夢の家」のプロジェクトに参加します。

「夢の家」は、旧ユーゴスラビア出身の作家マリーナ・アブラモヴィッチの作品として、日本有数の豪雪地の里山の集落のなかに築100年を超える家を改修して2000年につくられました。
「夢の家」では夢を見るための準備をし、夢をみるためのスーツに身を包み、夢をみるためのベッドで眠りにつく、夢をみるための宿泊体験を体感できます。
みた夢は「夢の本」に書き綴られ、プロジェクトは「夢の本」を出版するという続きがあります。このような作家の構想のもと、地元の集落住民がお客様を迎えてきました。2011 年3 月12 日に長野県北部地震が発生、「夢の家」も大きな被害を受け、閉館となりました。しかし、大規模修復を経て、2012 年の「大地の芸術祭」より再開され、2000年から書き綴られた夢が『夢の本』として出版されました。

水晶の枕のある銅製の浴槽で身を清め、夢をみるためのスーツを着て、黒曜石の枕のベッドで鉱物から発せられる自然のエネルギーを感じながら一晩を過ごします。翌朝、みた夢を「夢の本」に書き綴り、「夢の家」のプロジェクトに参加します。

夢の家の朝食は作家の作品コンセプトにより、地元津南の「まつや」のパンとコーヒーまたは紅茶の洋食スタイルです。朝食は前日のうちにご用意いたしますので、お好きなお時間にお召し上がりください。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました