寒牡丹が描かれた着物は 冬に着ましょう

メモ

あああ

「牡丹」は花の豊かさや華やかさから豪華・幸福の象徴とされています

いいい

大輪の花を咲かせる牡丹は「百花王(ひゃっかおう)」とも呼ばれ、着物の絵柄に多く採用されている定番の花です。牡丹がデザインされた着物は、どれも荘厳な美しさがあり艶やか。多くの女性たちに愛されているモチーフです。

牡丹が咲く頃だから「ぼたもち」派の甘党の人も、牡丹と言えば「司牡丹」でしょ~な左党の人もこの帯でお客様と周りの方に清爽な風を!

オフホワイトの地色に梅や牡丹が施されています。

牡丹がデザイン化されている場合、また紅葉など他の季節の草花、または通年着られる唐草と描かれている場合は通年着ることができます。

大輪の花が描かれた牡丹柄は通年着られますが、春牡丹が咲く4月から5月は着用にうってつけの季節。この季節らしさを演出するなら、やさしい地色に牡丹が描かれた着物をチョイスするとよいでしょう。

江戸時代に牡丹人気に火がつき、観賞用の品種が多く作られました。

桜や牡丹とは違い、西洋の花である「薔薇」は色によって意味が異なり、赤は愛情・情熱、青は夢の実現・奇跡、ピンクは上品・淑やか、白は清純・尊敬、黄色は友情・可憐となっています。「牡丹」は花の豊かさや華やかさから豪華・幸福の象徴とされています。「つばめ」は子育てに熱心なため縁結びと安産の象徴となっています。

着物の柄は、本来季節を表しており、季節感を持って着るのが着物のマナーです。たとえば、牡丹であれば、春牡丹なら4〜5月、冬牡丹なら1〜2月を表します。

なめらかに流れる金と銀のうえに大輪の花を咲かす牡丹が描かれた、エレガントな留袖。牡丹のほかにも菊や梅が柄付けされています。薄いベージュを地色にしているので華やかな牡丹をモチーフにしていても落ち着きがあり、大人らしい洗練感を印象づけます。

前柄もほんのりと色付いた牡丹の花のみ。

といいつつ、牡丹と言えば牡丹鍋…なジビエ派のお松でした。

雪囲い・菰(こも)と共に描かれている寒牡丹は10月下旬~1月に咲きます。
寒牡丹が描かれた着物は、冬に着ましょう。

牡丹はその豪華な見た目から、富貴の象徴とされてきました。
別名で「花王」「富貴花」とよばれるのも納得の花です。

中国の唐代に百花の長として人気を誇った牡丹が日本に伝わったのは奈良時代。
平安時代になると各地の寺院などで栽培されるようになりました。

牡丹が咲くのは4月~5月です。
牡丹が写実的、かつ単独で描かれている場合は牡丹が咲く半月ほど前から着ましょう。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました