小沢部会長が江刺りんごの特徴と 新商品「恋桜」について説明した

メモ

あああ

小沢部会長が江刺りんごの特徴と 新商品「恋桜」について説明した

いいい

4日には奥州市江刺八日町のホテルニュー江刺新館イーズで記者発表会が開かれ、同JAの小原武雄専務理事が「元気を発信したいとの思い。ブランドとして確立するよう育て上げ、おいしい物を届けられるよう努めたい」とあいさつ。小沢部会長が江刺りんごの特徴と、新商品「恋桜」について説明した。

恋桜は、収穫直後に「1―MCP」鮮度処理をかけ、0~1度の低温貯蔵した。硬度13ポンド以上、糖度15度以上。爽やかで上質な甘みとともに口の中で栗のような甘い香りが広がる。小沢部会長は「今までにないリンゴ」と自信を見せる。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました