春牡丹の花つきをよくするには 冬の寒さが必要です

メモ

あああ

牡丹の種を水に浸け 沈んだもののみを選別します

いいい

接ぎ木苗は、台木である芍薬(学名:Paeonia lactiflora 英名:Peony)に接ぎ木をした状態で販売されています。植える際は、接合部が地面から5cmほどの位置にくるように土を盛り、牡丹が発根するよう調整してください。

牡丹の花は、日本やアジア地域では古くから「花の王様」「百花の王」と称され、なじみ深いお花として扱われてきました。一輪で存在感があり、あでやかでボリュームある花姿は生け花でも良く利用されています。日本を代表する歌人与謝野晶子は、牡丹の花を「神秘の花」「熱の花」と呼び、歌をいくつも詠んでいます。

牡丹の花は、毎年9月頃に剪定します。秋には葉が変色し落葉が始まるため、枝ぶりがわかりやすくなります。まず、枯れた葉はすべて落とし、枝だけの状態にしましょう。

牡丹の花と芍薬の花は、非常に似ています。見分け方のポイントを紹介します。

大きく豪華な牡丹の花を咲かせるには、余分な花を取り除く必要があります。同じ方向を向いて咲く花のうち、もっとも育ちのよい花のみを残し、ほかの花は摘み取りましょう。

花弁が隠れるような咲き方や、植え替え後はしばらく花を咲かせてくれない性質から、ヨーロッパの方が、アジア人の奥ゆかしさを牡丹の花に感じ取ったことが由来しているといわれています。

中国の儒学者、周敦頤の愛蓮説の一節「牡丹は花の富貴なるものなり」に由来してつけられたといわれています。

春から梅雨頃にかけて咲く「春牡丹」が一般的ですが、春と秋の2回咲く「寒牡丹」や開花調整をして冬に咲かせる「冬牡丹」などもあります。

牡丹と芍薬は同じボタン属で、花色や咲き方が似ていることもあり、よく混同される花です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といえば、女性の美しさを表す言葉として有名ですよね。

植え替えのリスクを理解した上で、それでも植え替えたいときは、9~10月が適期です。なお、牡丹の寿命は長く、15年ほど1つの場所で成長を続けます。

牡丹の鉢植えを購入する場合は、花芽が3つ以上出ているものを選んでください。葉の大きさや枚数も確認しましょう。

牡丹の花色は白色、ピンク色、黄色、赤色、オレンジ色、紫色などカラーバリエーションが豊富です。花型も一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。

春牡丹の花つきをよくするには、冬の寒さが必要です。牡丹は寒さに強い植物ですが、凍結には気をつけましょう。凍結を避けるには、土の上に水苔や藁を敷きます。

牡丹の花は植え替えを嫌います。成長が思わしくないなどの場合を除き、植え替えは避けてください。牡丹は根の成長が遅く、植え替えると根の負担が大きくなり、枯れてしまう可能性があります。

牡丹の種を水に浸け、沈んだもののみを選別します。種まきの適期は9~10月頃です。種が乾燥すると発芽に時間がかかるため、種をまいてからは水を絶やさず、根気よく待ちましょう。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました