最終的にアダムとイブは楽園を追われます

メモ

あああ

最終的にアダムとイブは楽園を追われます

いいい

「ウィーン美術史美術館」には「楽園」のほかにクラナッハの「アダムとイブ」という作品もあるのでお忘れなく。

人類の祖である「アダムとイブ」の名前は有名ですが、そもそも二人はどのように地上に現れたのでしょうか?またキリスト教では二人はどのような意味を持つのでしょうか?

アダムとイブは善悪の木の実を食べたことにより、善悪がわかるようになり、自分たちが悪を犯してしまったことを知りました。

「アダムとイブ」(英語:Adam & Eve)とは、『旧約聖書』「創世記」に記された、神が創造した人類最初の男女です。

アダムとイブのエピソードはよく知られているので、親しみやすいですよね。

しかし、誘惑に負けて神に背いたアダムとイブは、神によって堕落した者となったのです。

アダムとイブの誕生については、二つの逸話のうちのどちらかを選択して説明されることが多く、1つは「人(男女)は、神にかたどって造られた」とする説明、もう1つは「土からアダムを造り、そのあばら骨からイブを造った」とする説明です。

最終的にアダムとイブは楽園を追われます。

神はアダムとイブを楽園に住まわせ、そこを耕し、守るようにされました。 そして「園の木から木の実を取って食べてよいが、善悪の知識の木の実だけは食べてはならない、食べると死んでしまう」と伝えました。

アッペルバウム名誉教授は「地上の楽園でアダムとイブが食べた禁断の果実が本当に私たちが考えているリンゴなのか、それとも単に真ん中に種が入った多肉質の果物なのかについては今もなお疑問の余地があります」と述べました。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました