桜の生育には日々のお手入れが欠かせません

メモ

あああ

桜の生育には日々のお手入れが欠かせません

いいい

心温まるお話ですが、この頃アメリカにはまだ桜の木はなかったとも言われています。実際にあったことなのか、教訓として作られた物語なのか、実際のところははっきり分かっていません。

シダレザクラ(枝垂れ桜)の花言葉は「優美」「純潔」「淡泊」「ごまかし」「円熟した美人」。

源頼朝が富士山麓で巻狩りを行った際に、門前にあったこの桜に馬をつないだとされている桜の木で、「駒止め(こまどめ)の桜」とも呼ばれている日本最大級のヤマザクラ。木の北側には菜の花畑が広がっており、桜とあわせて楽しむことができます。

三大桜は、大正時代に制定された史跡名勝の中から選出されており、天然記念物にも指定されています。樹齢の長いものや木が大きいもの、景観としての美しさなどから有名となっているものです。

カンザクラ(寒桜)の花言葉は「気まぐれ」。

ヤエザクラ(八重桜)の花言葉は「豊かな教養」「善良な教育」「理知」「しとやか」「理知に富んだ教育」。

今回は三大桜について、以下でさらにくわしくご紹介していきます。

日本人は古来より桜の美しさ、可憐さに心惹かれ、また春の訪れを告げる神や精霊が宿る存在と考えられたり、はかなく散ってゆく命の短さから死生観を考えたりする対象となってきました。その中でも、樹齢の長いものや枝ぶりの見事なものは「三大桜」として特に大切にされており、天然記念物や史跡名勝として国からも守られています。

菜の花のじゅうたんの真ん中に立つ、枝の差し渡し約26メートルの大きなヤマザクラ。樹高約14メートル、枝の差し渡しが東西約21.3メートル、南北約26.0メートルと桜の木としては最大級。毎年みごとな淡い薄紅色の花を咲かせて、訪れる人を魅了しています。

桜の生育には日々のお手入れが欠かせません。桜ライン311では、桜のお手入れにご協力いただける方を募集しています。

ちなみに、冬(11~12月)だけでなく春(4月)にも花を咲かせる「二度咲き」の桜です。

「日本五大桜」「日本三大桜」のひとつで、樹齢1500年あまりの巨木は、過去数回にわたる枯死の危機を乗り越えて国の天然記念物にも指定されています。淡墨桜の名称は、散りぎわに淡い墨を引いたような色になることから名付けられたもの。つぼみのときは薄いピンク色、満開時には白、散り際には淡い墨色へと美しく変化します。

三大桜のほかに、静岡の「狩宿下馬桜」、埼玉の「石戸蒲桜」を合わせて「五大桜」と呼ぶこともあり、いずれの場所も見事な桜が楽しめる名所となっています。

日本には数多くの桜並木やお花見の名所がありますが、その中でも福島にある「三春滝桜」、山梨の「山高神代桜」、岐阜の「根尾谷淡墨桜」は、日本の「三大桜」といわれています。

③ 「さくらがわ(桜皮)」の略。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました