淡いピンクと青のグラデーションの花びらが可憐な紫陽花の花

メモ

あああ

山紫陽花は有毒の為 花や葉を口にしない様に注意が必要です

いいい

アジサイを切り花にして楽しみたいときは「アジサイ(紫陽花)のおしゃれな生け方・飾り方。フラワーアレンジで長もちさせるコツ」、ドライフラワーにしたいときは「アジサイ(紫陽花)の、上手なドライフラワーの作り方と簡単アレンジ」をご覧ください。

山紫陽花(ヤマアジサイ)庭木落葉山紫陽花は日本の各地で古くから自生している野生種の紫陽花です。丸く小さめの花房と小ぶりな葉が繊細な印象を与えます。細い枝の先に、たわわな花が咲き満開で膨らむ様子は可愛らしさと華やかさを見せてくれます。
山紫陽花は日本の風土に良くあい耐寒性と耐暑性もあり、置き場所も直射日光を避けた日当たりの良い場所から半日陰まで育てやすい植物です。仕立て方によっては鉢植えで小さく育てる事も出来ます。
紫陽花は別名「七変化」と呼ばれる事からも想像がつくように、花色を鮮やかに変化させます。色の変化は土の性質(成分)を吸収する事によって植えられた土によって色を変化させる特徴がある植物です。
山紫陽花は有毒の為、花や葉を口にしない様に注意が必要です。

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)庭木落葉カシワバアジサイは、カシワの葉のような形の大きな葉とピラミッド形に咲く花が特徴のあじさいの仲間です。花は隙間なく密に咲きます。一重咲きの他、八重咲き品種も出回っています。カシワバアジサイは花も美しいですが、秋の紅葉もとても美しい花木です。

淡いピンクと青のグラデーションの花びらが可憐な紫陽花の花。

アンティークものであれ、現代ものであれ、絽の着物は夏に着てほしいと思います。 お持ちの着物の紫陽花柄に雨を感じられなければ、たとえば、帯や小物に流水柄などがあしらわれたものをコーディネートして、全身で涼やかな物語を演出してみては、どうでしょうか。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました