無料で診断できる夢占い

メモ

あああ

無料で診断できる夢占い

いいい

最近こんな夢よく見ない?

私たちは眠っている間、「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」をそれぞれ一夜に4回ずついったりきたりしているのですが、夢に関しては「レム睡眠のときに人は夢を見る」とよく言われてきました。

目が覚めても気になる不思議な夢を見たことはある?「火事の夢」「歯が抜ける夢」「死ぬ夢」……それは単に「ヘンな夢」ではなく、実はあなたの潜在意識や過去、現在、未来の状態を暗示する、夢からのお告げかも。夢の中に出てきた印象的な出来事やアイテムなどの内容から、本当のあなたの姿を診断します。無料で診断できる夢占い。気になるワードを「カテゴリー別リサーチ!」や「あいうえお別リサーチ!」で探してみて。

では、なぜ鮮明でストーリー性のある夢を見ているとき、眼球が動いているのだろうか。なんと、これは夢の中で何かを「見ている」からだという。国立研究開発法人 情報通信研究機構研究員の宮内哲さんは、脳内の血流変化を計測することで脳の活動状態を調べるf MRI(機能的磁気共鳴画像法)と脳波などを同時に使い、夢を見ている最中の脳活動を調べた。

「網膜から入ってきた視覚情報が最初に到達する領域を第一次視覚野といいますが、レム睡眠中は13人の被験者全員で、この部位の活動が見られました。夢を見ているとき、私たちの脳は自発的にリアルな画像を作り、それを目で追って見ている。夢はまさに自分自身が作る究極のバーチャルリアリティーといえるわけです。自分の脳がどんなリアルな映像を作り出すか、どんな展開になるのか……。私自身はこのバーチャルリアリティーを見るのを楽しみにしています」と宮内さんは話す。

下の画像は、レム睡眠中に眼球が急速に動いているときと、覚醒時に暗闇で目を動かしているときの脳活動を示したもの。レム睡眠時には後頭部にある視覚野が活動しているが、暗闇で目を開けて眼球を動かしても視覚野は活動していない。どちらも暗い中で目を動かしているのは同じなのだが、レム睡眠中の方は視覚野が盛んに働き、まさに夢を「見ている」状態なのだ。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました