牡丹と芍薬の違いは 大きく4つあります

メモ

あああ

牡丹と芍薬の違いは 大きく4つあります

いいい

ホーム >   花木・庭木・植木 >   牡丹(ボタン)とはどんな花?花言葉や種類、開花時期や見頃の季節は?

牡丹は、ボタン科ボタン属の落葉低木です。春から梅雨の時期にかけて、バラのように美しく大きな花を咲かせます。

中国が原産の牡丹の花は、日本をはじめとしたアジア地域では、古くから「花の王様」と呼ばれて親しまれてきました。ボリュームたっぷりのあでやかな花姿は、1輪あるだけで気品と風格を漂わせていますよね。

牡丹と芍薬は同じボタン属で、花色や咲き方が似ていることもあり、よく混同される花です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といえば、女性の美しさを表す言葉として有名ですよね。

「花牡丹」は、おだやかな表情と品のあるたたずまいを備えた隷書体です。中国・漢王朝時代に生まれた隷書の伝統を鑑み、漢字は正統かつ伝統的な姿を持ちながらも、新しい時代に対応できるデザインにアレンジしています。隷書にあるべき扁平な骨格は、その風合いを損なわない程度に正方比率に整え、横画のうねり(波磔・はたく)は、自然な運筆を感じられるように滑らかに調整することで、かなや英数字ともなじむデザインになっています。

牡丹と芍薬の違いは、大きく4つあります。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました