牡丹の植え替え時期

メモ

あああ

牡丹の植え替え時期

いいい

植え替えは出来る限り避けましょう。牡丹は植え替えを嫌うので生長が悪くなったなどの理由がない限り植え替えは不要です。
株の寿命は15年と言われています。

ボタン(牡丹)は育てるのが難しいと思われがちですが、寒さや乾燥に強く、本来は丈夫で育てやすい植物です(過湿と暑さは苦手です)。一年目は、早い時期に蕾を摘み取って花を咲かせないようにして、ボタン(牡丹)の自根をしっかり育てることが、花を長年にわたって楽しむコツです。

■株元に土寄せをする。(自根が出やすい)
シャクヤクのゴボウ根を台木としているので、牡丹(ボタン)自身の根を早く出させるようにします。
土寄せをしないで空気にふれて乾いていると、牡丹(ボタン)自身の根がでません。

ガーデニングの失敗例として、水や肥料を多く必要とするからと、逆に与え過ぎてしまうことがあげられます。野牡丹も水や肥料を多く必要とする植物ですが、だからといって与え過ぎると、今度は「根腐れで枯れてしまう」「枝葉ばかりが育って花が咲かない」などの生育障害が起こる可能性が高いです。この場合は、肥料の内容を見直したり、活力剤を併用したりすることで、肥料のやり過ぎをセーブしましょう。

野牡丹(ノボタン)という花をご存知でしょうか。濃紫色の花がとても美しく、丈夫で育てやすいとされている一方で、「つぼみが落ち…

ボタン(牡丹)は冷涼で乾燥した地域が原産の樹木で、排水と通気のよい、肥沃な土が生育に適しています。

今年は牡丹(ボタンの花のアップです。
赤紫のボタン「島大臣」

育て方のポイントとして真っ先にあげられるのは、野牡丹好みの環境を用意することです。日当たりや風通し、土の質など、野牡丹に合った環境を整えれば、後の管理もグンと楽になりますよ。

ボタン(牡丹)は植え替えを好みませんが、露地に植え付けた直後に場所が適していないとわかった時や、鉢に植え付けて3〜5年後に生育が悪くなった場合などは植え替えを行います。植え替えの適期も定植の適期と同じです。

ボタン(牡丹)は一度植えつければ毎年花を咲かせる落葉低木です。種から育てると最初の花が咲くまでに5〜10年を要するので、苗木から育てるのが一般的です。

苗木が市場に出回るのは、植え付けに適した9〜10月ごろです。市販の苗木はほとんどが同じボタン科ボタン属の草であるシャクヤクを台木にした接ぎ木苗なので、苗から伸びている根はボタン(牡丹)の根ではなく、シャクヤクの根であることを理解しておきましょう。

苗木を植えつけた翌春には花が咲きます。しかし、株そのものの勢いは弱ってしまいます。ボタン(牡丹)の根の成長はきわめて遅く、植えつけて半年ほどでは太さが1cmにもなりません。シャクヤクの根の力だけで花を咲かせたボタン(牡丹)はひ弱で、数年後に枯死しても不思議ではありません。

野牡丹(ノボタン)の育て方!つぼみが落ちる理由や対処法など解説!のページです。BOTANICA(ボタニカ)では、植物やガーデニングにかかわる情報を発信しております。

苗木を植え付けた翌春には花が咲きます。しかし、株そのものの勢いは弱ってしまいます。ボタン(牡丹)の根の成長はきわめて遅く、植え付けて半年ほどでは太さが1cmにもなりません。シャクヤクの根の力だけで花を咲かせたボタン(牡丹)はひ弱で、数年後に枯死しても不思議ではありません。

ボタン(牡丹)は育てるのが難しいと思われがちですが、寒さや乾燥に強く、本来は丈夫で育てやすい植物です(加湿と暑さは苦手です)。一年目は花を咲かせず、早い時期に蕾を摘み取って、ボタン(牡丹)の自根をしっかり育てることが花を長く楽しむコツです。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました