牡丹の育て方

メモ

あああ

牡丹の育て方

いいい

牡丹の剪定はやることが多いものの、作業自体はさほど難しいものではありません。そのため、牡丹の剪定を自力でおこなうこともできるでしょう。しかし、剪定のやりすぎは牡丹を弱らせてしまうので加減には注意が必要です。もし、剪定を失敗しないか不安であれば、知識と経験が豊富な剪定のプロにお任せしてみるのもよいでしょう。

武家では伊達氏・島津氏・津軽氏などが牡丹紋を使っていますが、これは近衛家との縁によって家紋としたということです。

白牡丹に水をあげるときの注意事項として、多湿になってしまうような水のあげ方を避けなければなりません。特に、夏に水をあげるときは注意が必要です。白牡丹は、高温であっても耐性があるため問題なく育つのですが、湿気の多い状態が続くと黒斑病になってしまう品種もあります。1日のうちで気温が高くなるようなときに水をあげてしまうと、多湿の状態を作ってしまうので、水をあげるタイミングは涼しくなる夕方にしましょう。冬であれば、白牡丹を植えているプランターの土が、1週間くらい湿っている状態が続いてしまうのもよくありません。水やりの回数をへらして、乾燥している状態を作って育てるようにしましょう。 湿気の多い梅雨の時期も、風通しの良いところにプランターを設置して、土を乾燥させるように育てることが大切です。白牡丹は、上に伸びて育ちやすい多肉植物となっています。伸びすぎた場合は、ちょうど良いところでカットして、形を整えるようにしましょう。育ち過ぎてしまい、プランターいっぱいの大きさになってしまったら、少し大きめのプランターへ植え替える必要があります。また、白牡丹を増やしたい場合は「挿し木」もしくは「葉挿し」を行えば増やしやすいです。新たに挿す土は、乾いた状態にしておくようにしましょう。

牡丹の水やりは、庭植えか鉢植えかで方法が異なる点に注意しましょう。庭植えの場合は雨水のみで十分足りるケースが多いため、基本的に水やりの必要はありません。しかし、鉢植えの場合は水不足になりやすいため「鉢の土が乾いたタイミング」でたっぷり水をあたえるようにしてください。

牡丹の苗はインターネットなどで簡単に購入することが可能です。なお流通している牡丹の苗は、種類が近い「芍薬」という花の根に牡丹の芽をつなぎ合わせた、接ぎ木苗となっています。芍薬を根とした接ぎ木苗は牡丹を1から育てるよりも生長が早い傾向にあるのです。

牡丹の花が咲かない原因はひとつではありません。

ボタン(牡丹)の基本的な育て方や季節ごとの手入れのやり方を詳しくご紹介します。

キレイな牡丹の花をつけるためには、質の高い用土と相性のよい肥料が必要です。用土は赤玉土と腐葉土を混ぜて作った「水はけ・水持ちのよい土」が最適。さらに、植え付けをおこなう1~2週間前に緩効性肥料を用土になじませておくとなおよいでしょう。

牡丹は、大きく豪華な花が人気の植物です。きれいな花を咲かせ株の成長を促すには、摘芽や剪定がポイントです。牡丹の成長はゆっくりで、根は育ちにくい傾向です。植え替えを避け、根気よく栽培しましょう。

ボタン(牡丹)が横に枝を張っていくのに対し、シャクヤクは茎が立つように上に伸びていきます。そのためボタンはどっしりとした株姿になり、シャクヤクは縦方向にしなやかに伸びる株姿に。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言い回しは、こうした株姿の違いをうまく捉えた表現だといえます。ちなみにすぐ上の画像は、木質化した枝が横に張ったボタン(牡丹)です。シャクヤク(芍薬)は緑色の茎がスッと立ち上がる草姿をしています。

これらの病気や害虫が発生したときは、被害に遭った葉を取り除いたり、害虫を捕獲したりするなどをして対策していきます。早期発見が被害を最小限に押さえるコツなので、牡丹の剪定や水やりのタイミングなどでついでに点検しておくとよいでしょう。

ボタン(牡丹)は咲く時期によって「春ボタン」、「寒ボタン(かんぼたん)」、「冬ボタン」と呼ばれるグループがあります。

切り戻しは、枝の付け根付近の花芽を1~2つほど残して、そこから1cm先の部分を狙って切る方法です。また、枝透かしは不要な枝を付け根部分から切り取っていきます。枝透かしで切る枝は、牡丹の枝の状態を見ながら、風通しや日当たりの邪魔になっているものや枯れているものです。ほかにも、樹形を乱す枝も切っておくのがよいでしょう。

牡丹は日当たりと風通しのよい環境を好む植物ではありますが、日の当たりすぎには注意が必要。とくに西日(午後の日光)のような強い日当たりは、かえって牡丹の負担となるおそれがあります。そのため、午前中の光はよく当たるが、午後のときは日陰となる「半日陰」の環境が適しているといえるでしょう。

ボタン(牡丹)は、日当たりと風通し、そして水はけのよい場所を好みます。寒さには強いのですが、暑さは苦手なので、真夏に西日が当たるような場所は向きません。夏だけは午後から日よけなどの対策をすることもできますが、幸いボタンはそれほど大きくなる植物では無いので、鉢植えで育てて、季節ごとに適した場所に移動させるというのでもいいでしょう。また、ボタンはとても肥料をたくさん必要とするので、水はけの改善と同時に、腐葉土や牛ふん堆肥などの有機質をたっぷりと土に加えた土壌改良をするとよく育ちます。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました