牡丹は 大きく豪華な花が人気の植物です

メモ

あああ

牡丹は 大きく豪華な花が人気の植物です

いいい

ホーム >   花木・庭木・植木 >   牡丹(ボタン)とはどんな花?花言葉や種類、開花時期や見頃の季節は?

「中国の花」といえば、何を思い浮かべますか?牡丹や蓮、梅など連想される花がいろいろありますね。では、「中国の国花」は何の花…

牡丹を庭植えしている場合、水やりの必要はありません。ただし、真夏の高温期には朝か夕方に水を与えるようにしましょう。鉢植えの場合は夏の終わりごろまで十分に水を与えるようにします。牡丹は乾燥を嫌がるので、牡丹の育て方の中でも水やりはとても大切です。植木の様子を見て元気よく育てることが大切です。

牡丹は、ボタン科ボタン属の落葉低木です。春から梅雨の時期にかけて、バラのように美しく大きな花を咲かせます。

ボタン(牡丹)もシャクヤク(芍薬)も大きく丸々としたつぼみをつけますが、ボタンの蕾の先端が尖るのに対し、シャクヤクは全体に球形のつぼみになります。

牡丹は、大きく豪華な花が人気の植物です。きれいな花を咲かせ株の成長を促すには、摘芽や剪定がポイントです。牡丹の成長はゆっくりで、根は育ちにくい傾向です。植え替えを避け、根気よく栽培しましょう。

江戸時代に牡丹人気に火がつき、観賞用の品種が多く作られました。

牡丹は大本植物、つまり樹木となる植物で、種をまいて開花させるまで時間がかかります。一方、芍薬は、牡丹と同じボタン科の植物ですが草本性の植物で、種をまけばすぐに大きく育ちます。このため、芍薬を台木にして牡丹を接げば、牡丹の開花を助けることができるというわけです。ただし、芍薬も数年で枯れてしまうため、植え付けの際、土を上まで覆い、牡丹から根を出させるようにすることで、牡丹が枯れないようにすることができます。

牡丹と芍薬は同じボタン属で、花色や咲き方が似ていることもあり、よく混同される花です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といえば、女性の美しさを表す言葉として有名ですよね。

ボタン(牡丹)が横に枝を張っていくのに対し、シャクヤクは茎が立つように上に伸びていきます。そのためボタンはどっしりとした株姿になり、シャクヤクは縦方向にしなやかに伸びる株姿に。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言い回しは、こうした株姿の違いをうまく捉えた表現だといえます。ちなみにすぐ上の画像は、木質化した枝が横に張ったボタン(牡丹)です。シャクヤク(芍薬)は緑色の茎がスッと立ち上がる草姿をしています。

牡丹の育て方の中で重要な肥料ですが、夏になる前、5月の終わりごろから6月ごろにかけて、株元から少し離れたところに肥料を与えるようにしましょう。これは、花の開花にともなって使い切ったエネルギーを補給するためです。そして、日当たりがよく、風通しもいい場所で育てていきましょう。

苗木が市場に出回るのは、植えつけに適した9〜10月ごろです。市販の苗木はほとんどが同じボタン科ボタン属の草であるシャクヤクを台木にした接ぎ木苗なので、苗から伸びている根はボタン(牡丹)の根ではなく、シャクヤクの根であることを理解しておきましょう。

中国が原産の牡丹の花は、日本をはじめとしたアジア地域では、古くから「花の王様」と呼ばれて親しまれてきました。ボリュームたっぷりのあでやかな花姿は、1輪あるだけで気品と風格を漂わせていますよね。

二度その美しい花が咲く寒牡丹を育てるポイントは、花が咲く時期を決めること。二季咲きとはいえ、気候状況によっては冬に花が咲かないこともあります。冬に花を咲かせたい場合、春にできたつぼみを取ってしまい、冬に咲かせるようにする方法があります。ただし、冬に花が咲いたら次の春は開花しません。次の冬にまた花が咲きますので、開花したら肥料をしっかりと与えることも大切です。

苗木を植えつけた翌春には花が咲きます。しかし、株そのものの勢いは弱ってしまいます。ボタン(牡丹)の根の成長はきわめて遅く、植えつけて半年ほどでは太さが1cmにもなりません。シャクヤクの根の力だけで花を咲かせたボタン(牡丹)はひ弱で、数年後に枯死しても不思議ではありません。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました