牡丹は 1輪でも存在感のある花姿が「王様」といわれる理由です

メモ

あああ

牡丹の「牡」は動物のオス 「丹」は原種の濃い赤色の花を表します

いいい

ヤマユリ 「山百合」
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」と言う諺があります。美しい女性を花で表現した言葉でです。
ヤマユリは一番花びらが大きいため、綺麗な女性の歩く姿がユリに例えて女性の姿がゆりのようだと言われています。
花言葉は「威厳」「荘厳」「甘美」「純潔」と色々な意味があります。
人に送るときは気おつけて送ったほうがいかもですね、誤解をうみかねません。

牡丹には、さまざまな色の花がありますが、色ごとに花言葉はつけられていません。花を見たときのイメージで花言葉を当てはめてみましょう。

牡丹は、1輪でも存在感のある花姿が「王様」といわれる理由です。原産地である中国では、富貴と長寿のシンボル「百花の王」として愛されており、ほかの植物を圧倒するほど見事な印象から「花王」や「花神」「富貴花(ふうきか)」といった高貴な別名で呼ばれることもあります。また、王様といわれるようになった背景には、牡丹が宮廷の庭を彩る園芸植物として尊ばれたことも関係しています。

赤やピンクの他、紫、白、黄、オレンジなど、牡丹の花にはさまざまな色の種類があります。観賞用として人の手により作られた品種も多く、花びらの数も一重、八重、千重、万重、獅子咲きなど種類が多彩です。牡丹の色味や咲き方で印象が大きく変わるものの、色別の花言葉はありません。可憐なピンクも妖艶な紫も同じ花言葉なので牡丹の花束を送る時にどの色を組み合わせても、意味の反する花言葉にはならないので安心です。

牡丹の花はボタン科の落葉小低木に属しており、その開花期は4~5月です。春になると大輪の花を咲かせ、花びらは薄く繊細に見えますが、実は厚みがあります。

牡丹にはピンクや赤などさまざまな色の花がありますが、特に色別に花言葉の違いは存在しないようです。

好きな人がいる、結婚したい人がいる、交際中の彼がいる、そんなかたにおすすめなのがピンク色の牡丹です。みためも可愛らしく、お部屋に飾っておくだけで恋愛や結婚の運気が上がりそうです。良縁を運んできてくれる幸せなお花として人気です。

牡丹は華やかな大輪の花を咲かせる植物です。日本では女性の美を表す諺に用いられますが、中国では王様や高貴な人にふさわしい花として扱われていました。そんな牡丹には日本と海外では異なる花言葉がつけられています。牡丹の花言葉を、名前の由来や特徴から探ってみましょう。

黄色の牡丹はアメリカ系の品種が多く、日本では「黄冠」と呼ばれる1種類しかありません。黄冠は日本で初めて開発された黄色の牡丹です。レモンイエローの大輪の花を上向きに咲かせ、厚みのある花弁に豊かな芳香があるのが特徴です。花言葉「王者の風格」と「恥じらい」どちらにも似合う優しい輝きをもっています。

春から梅雨頃にかけて咲く「春牡丹」が一般的ですが、春と秋の2回咲く「寒牡丹」や開花調整をして冬に咲かせる「冬牡丹」などもあります。

牡丹の花色は白色、ピンク色、黄色、赤色、オレンジ色、紫色などカラーバリエーションが豊富です。花型も一重、八重、千重、万重、獅子咲きなどの種類が多い植物です。

牡丹の漢字が「赤いオス(雄)」という意味をもつため、王様のような強く立派な人を表現する花として扱われるようになりました。

牡丹の「牡」は動物のオス、「丹」は原種の濃い赤色の花を表します。牡丹は7~8世紀に唐から薬用として伝わった植物です。中国の花名「牡丹」の音読みから和名がつけられ、漢音で「牡」を「ボウ」と発音するため、当時の日本では「ぼうたん」と呼ばれていました。現在は「ぼたん」に読み方が変わっていますが、短歌や俳句では「ぼうたん」という言葉で詠まれています。

「座れば牡丹」 → 美人の座り姿の形容としておなじみ。
ちなみに全容は「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」。

花弁が隠れるような咲き方や、植え替え後はしばらく花を咲かせてくれない性質から、ヨーロッパの方が、アジア人の奥ゆかしさを牡丹の花に感じ取ったことが由来しているといわれています。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました