紅葉を愛でながらのんびり散策もおすすめだ

メモ

あああ

紅葉を愛でながらのんびり散策もおすすめだ

いいい

イロハモミジは、身近な街路樹や公園で見られ、日本の紅葉を代表する木といえるでしょう。イロハモミジの葉は掌状に5~9つに切れ込んでいますが、特に7つに切れ込んでいることが多く、これを「いろはにほへと」と数えたのが名前の由来です。イロハモミジよりも葉が少し大きいヤマモミジはイロハモミジの変種といわれています。イロハモミジは、日本庭園を象徴する樹種であり、園芸品種も数多くつくられています。

朝晩涼しくなるといよいよ秋本番。夏に外でたくさん遊んだ分、秋はゆっくりと、まったりと過ごしたいですよね。しかし同時に、夏休み中に溜まった家事もこなさなくてはならず休むヒマがなかなか作れない……。そんな時は、「紅葉(もみじ)狩り」に出かけるタイミングを利用して、家政婦さんに家事代行を依頼してみてはいかがでしょうか。

紅葉の聖地、京都でカエデを見るなら嵐山が良い。赤や黄、オレンジなど多彩な色に染まった嵐山を背景に、曲線の美しい渡月橋がかかる風景はあまりに有名。トロッコ列車から見られる美しい紅葉や、名刹の天龍寺をはじめ名所が多く、1日中紅葉スポット巡りを楽しめるのも魅力だ。

紅葉と聞いて多くの人が思い浮かべるのが、もみじとカエデ。紅葉と書いて、“モミジ”と読むことからも分かるように、日本の紅葉シーズンを代表する植物だ。そんなもみじとカエデには、イロハモミジ、ヤマモミジ、ハウチワカエデなど、それぞれさまざまな特徴を持つ品種があるが、もみじとカエデの違いとはどのようなものなのだろうか?葉がいくつかの数に裂け、赤く色づくものがすべてもみじと思っていたら大間違い!「NHK趣味の園芸」で講師としても活躍している確実園園芸場の川原田邦彦さんの監修のもと、もみじとカエデの違いを徹底分析すると、意外な答えが見えてきた。

秋の行楽シーズン、思い浮かべるのは草木が鮮やかに色付いた「紅葉(こうよう)」ではないでしょうか。そんな「紅葉」は同じ漢字で「もみじ」とも読みますが違いをご存じですか?また、もみじと見た目が似ている「楓(かえで)」についても調べました。知れば紅葉狩りの際などお子さんに自慢げにうんちくを語りたくなるはず。

さらにアクセスが良い名所といえば、東京都中央区にある浜離宮恩賜庭園。国の特別名勝および特別史跡に指定されている、潮入の池や2つの鴨場をもつ江戸時代から続く大名庭園だ。例年では11月中旬から12月上旬にかけて、潮入の池周辺や園内各所でもみじやトウカエデ、ハゼノキといった木々の紅葉を楽しめる。

盆栽界では、葉の切れ込みが深いものがもみじ、浅いものがカエデとされているが、実は「明確な違いがない」というのが正しい答え。今回の記事に協力してくれた確実園園芸場の川原田さんは、「もみじは紅葉するという動詞が語源で、紅葉する代表的な木に名付けられたもの。一方で、カエデはカエルの手に似ている形容詞から付いた名前なので、実際のところ、2つの違いを論じる意味は薄いです」と話す。このように、園芸や盆栽の観点で考えても、もみじとカエデを明確に区別することは難しいということがわかってきた。それでも、さまざまな種類のもみじやカエデの写真を見てみると、それぞれ葉の形が異なることはよく分かるので、紅葉狩りを楽しむ際にその違いに注目してみるのもいいだろう。

紅葉を見るならコチラもチェック!編集部がおすすめする最新記事!

ちなみに「紅葉狩り(もみじがり)」とは、カエルを捕まえに行くのではなく、紅葉を見るために野山へ出かけることを言います(^-^)。

葉の形や色づき方が似ている上、すべてのもみじ・カエデがムクロジ科カエデ属に分類されていることから、仲間であることはなんとなく理解できるが、実は植物学上ではカエデともみじを区別する定義はなく、モミジ属は存在しない。もみじという言葉は日本特有のもので、英語ではカエデがmaple、もみじがJapanese mapleと訳されており、同じカエデ属の植物ということがわかる。では、なぜ日本ではもみじとカエデ、それぞれを違う名前で呼んでいるのか。それは、古来使われていた「もみづ」という動詞が由来になっている。この言葉から派生したのが名詞の「もみぢ」で、昔は草木が色づいたさまを「もみぢ」と表していた。それが転じて、カエデの中でも特に真っ赤に色づく種類をもみじと呼ぶようになった。そのため、もみじと名が付く植物は、大きく分ければイロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジの3種と少ないわけだ。多くの日本人は手のひらのような赤く色づいた葉をもみじと呼ぶ。「紅葉狩り(もみじがり)」、「紅葉前線(もみじぜんせん)」、「紅葉に鹿(もみじにしか)」、「紅葉傘(もみじがさ)」など、紅葉と書いてもみじと読む慣用句も多いことも、“紅葉=もみじ”というイメージが定着している理由のひとつだろう。

大自然の「紅葉(こうよう)」を見に行くのも良いですが、自宅でも手軽に楽しめる「もみじ盆栽」もオススメです。もみじの紅葉(こうよう)を自宅で見られるなんて、とても贅沢ですよね。そして、もみじを育てる際の1番のポイントが“乾燥を防ぐこと”。カエデ科の植物は乾燥を苦手とするため、直射日光が当たるところで育ててしまうと、葉がしおれる・焼けてしまうなどのトラブルにも繋がってしまいます。そうなると美しく色付いた「紅葉(こうよう))を見ることが難しくなってしまいます。「もみじ盆栽」は、直射日光を避けた屋外で管理し、土が乾いてきたらたっぷりと水を与えてあげましょう。

また、もみじはもともと樹形が美しいということもあり、剪定(せんてい)は必要ないとされています。ただし、ミニ盆栽として育てるのであれば適宜剪定をして、サイズや形を整えましょう。伸ばしたくない枝の新芽は早めに摘み取り、葉や枝が混み合っている部分があればカットし、調整してあげましょう。育てる手順を正しくできれば、自宅でも「紅葉(もみじ)狩り」を堪能することができますよ。ぜひ、お子さんと一緒に「もみじ盆栽」を楽しんでみてください。

紅葉を見に出かけることを「紅葉狩り」といい1200年前の万葉集の中で詠まれています。
「狩り」は、もともと獣や野鳥などを捕まえることを指しますがやがてキノコや木の実、果物の採集にも使われるようになりました。
さらには、草花を眺める場合にも「狩り」が使われるようになったようです。
かつて「紅葉狩り」は室町時代以降の宮廷や貴族の優雅な遊びであったようです。
狩猟をしない貴族が自然を愛でることを「狩り」に例えたとする説があります。
一般の人々が紅葉を楽しむようになったのは、戦の時代が終わり、世の中が平和となり、民衆の生活にも余裕が生まれてきた
江戸時代の中頃からだったようです。

もちろん、さまざまな種類があり、品種によって異なる色づき方をするカエデが見どころのスポットも点在。中でも、都内では多くの樹木が自生する御岳渓谷が人気だ。御岳渓谷は、JR青梅線の御嶽駅からすぐ、多摩川上流に位置する渓谷で、気軽に紅葉狩りができる定番スポット。「日本の名水100選」にも選ばれている風光明媚な景観で、約4キロメートルの遊歩道も整備。紅葉を愛でながらのんびり散策もおすすめだ。

平安時代になると、『白氏文集(はくしもんじゅう)』の表記の影響などもあって、「紅葉」と書くようになる。和歌では、勅撰(ちょくせん)集の部立、歌合(うたあわせ)や屏風歌(びょうぶうた)などの題材によって、四季の意識が確立すると、紅葉は、春の花と並び、秋の中心的な景物となった。『古今集』の秋下はほとんどが紅葉の歌で占められ、紅葉を染める露、紅葉を隠す霧、紅葉を散らす風などの天象が類型となる。散る紅葉を流す竜田川が代表的な地名(歌枕)となり、佐保(さほ)山の柞(ははそ)の紅葉(黄葉)も類型となる。紅葉は綾錦(あやにしき)の織物に見立てられ、旅人が道中手向ける幣(ぬさ)にもよそえられる。『古今六帖(こきんろくじょう)』六には、「紅葉」の題の次に、「柞」「檀(まゆみ)」「かへで」などの名があげられ、これらが紅葉の美しい植物として考えられていたらしく、『枕草子(まくらのそうし)』「花の木ならぬは」の段にも、「かへで」「檀」などの名がみえる。『源氏物語』では、「紅葉賀(もみじのが)」で、光源氏(ひかるげんじ)が雅楽の青海波(せいがいは)を舞う場面、「藤裏葉(ふじのうらば)」の六条院行幸の場面、「総角(あげまき)」の紅葉狩の場面など、華麗で情趣があふれている。謡曲の『紅葉狩』も、紅葉を背景に妖気(ようき)迫る鬼女の出現が印象的である。橘千蔭(たちばなちかげ)の『うけらが花』「雨岡(あまおか)がり行きて黄葉をめづる辞」、村田春海(はるみ)の『琴後(ことじり)集』の「山里の紅葉を見る記」など、国学者の随筆に紅葉を題とするものが多い。季題は秋。かえで・柏(かしわ)・漆(うるし)・櫨(はぜ)・銀杏(いちょう)・桜・ぬるで・柞・櫟(くぬぎ)などの木々の紅葉が季語になり、「初紅葉」「薄紅葉」「黄葉」「照葉(てりは)」「紅葉かつ散る」「黄落(こうらく)」など、紅葉のさまざまなようすも季語として秋を彩っている。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました