緋牡丹は特に肥料を必要しない植物です

メモ

あああ

そんな牡丹園の中でも立ち寄っておきたいスポットが 池の周辺です

いいい

「つくば牡丹園」では、草生栽培と呼ばれる農法を採用。除草剤や殺虫剤を使用せず、雑草と共存させながら育てることで健康的な牡丹やシャクヤクを育てることに成功しています。

「つくば牡丹園」の公式Facebookでは、2021年4月26日(月)の時点で牡丹1438株、シャクヤク2507株が開花中と報告されています。

牡丹とシャクヤクの両方が見頃を迎え、艶やかな姿を見せてくれるでしょう。ベストな時期を逃さないように、早めに牡丹園に訪れるのがおすすめです。

緋牡丹は、台木が腐ることで寿命となってしまうことがほとんどです。台木によく使われている三角柱は、数年すると弱って腐ってきます。その場合、台木を接ぎ替えることで長く育てていけるのですが、本体と台木を切り離し、違う台木に移すのは失敗することも多いので、試す程度でまずはやってみると良いでしょう。

たっぷり散策を楽しんだ後は、園内にあるそば処・喫茶「花王亭」や「ぼたん茶屋」で休憩するのがおすすめ。「つくば牡丹園」でしか味わえない、季節を感じるグルメがそろっています。

緋牡丹とはどのような植物かご存知でしょうか?緋牡丹はサボテンの一種で、一般的なサボテンは緑色をしていますが、緋牡丹はカラフルで可愛らしいのが特徴です。今回はそんな緋牡丹の特徴や、開花、増やし方、接ぎ木などについて詳しく解説していきます!

緋牡丹は特に肥料を必要しない植物です。サボテンの土などを使用した場合、用土に元肥となるような肥料分が少し含まれていることが多く、その肥料分だけで十分育ちます。花が咲くことも少ないので、基本的には水やり管理のみです。用土が古く、肥料分が無い場合は、緩効性肥料を置くか、薄めの液体肥料は2ヶ月に1回与えると良いでしょう。

さらに、SNSの口コミでは茨城県発の人気コーヒーショップ「サザコーヒー(SazaCoffee)」の提供が行われているという声も。おいしいコーヒーを飲みながら牡丹やシャクヤクを眺める贅沢なひとときを満喫しましょう。

緋牡丹は乾燥気味の環境を好みますので、水やりしすぎないように注意しましょう。春から秋の間は、土が完全に乾いてから、たっぷり水を与えて下さい。下からしみだして受け皿に溜まった水は捨てましょう。冬場は月に一回程度、土を湿らせる程度で大丈夫です。水やりしすぎると、蒸れて根腐れを起こしてしまいます。

そんな牡丹園の中でも立ち寄っておきたいスポットが、池の周辺です。日本式の橋がかかる池の周りには穏やかな時間が流れ、ホッと一息つけますよ。

世界に1株だけの貴重な品種や、150年以上残り続ける牡丹があるのは、こだわりを込めた栽培方法の賜物です。

無農薬による草生栽培は、長い年月を経て得た知識や経験が必要です。「つくば牡丹園」の園長であり土職人でもある関浩一さんは、失敗も経験しながら現在の栽培方法にたどり着きました。

なお、公式Facebookでは、最新の開花状況だけでなく牡丹園に咲く花々の解説もチェックできます。訪れる前に、最新情報を確認してみてくださいね。

夏の暑さには耐えられますが、高温多湿環境になると腐る危険性がありますので、風通しの良い日陰に移すと良いでしょう。また、緋牡丹自体は寒さにある程度耐えられますが、台木が寒さに弱いことも多く、冬には室内に取り込むのがおすすめです。冬はあまり水を必要としませんが、断水はせず、一ヶ月に一度のペースで水やりをします。

牡丹は芍薬と花はよく似ていますが芍薬は季節になると土から直接芽を出す多年草とは違い、落葉低木にまります。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました