色んな思いが渦巻いた結果として アドレナリンがすごく出て

メモ

あああ

「結」について言及している用語解説の一部を掲載しています

いいい

「結(ゆい)」とは、農村社会に古くからみられる慣行で、農家相互間の交換契約に基づいて、互助的に行う協同労働である。

粘結剤コーテッドサンドを均一に予備加熱して鋳型の造型に使用することができ、鋳型の造型時間を短縮することができる鋳型製造装置を提供する。

「結」の語源は、「結う」、「結ぶ」、つまり、結合或いは共同を意味する言葉からきているといわれ、かつては全国的にみられ、呼び名も、「ゆいこ」、「ゆえ」、「いい」、「よい(本村での呼称)」などの転呼があり、その形態もかなり多岐にわたっていたようである。

そのほか奇抜なものとして、秋田県では共同で按摩(あんま)の練習をすることを結按摩とよんでいたし、結で髪を結い合うなどの例もあり、結の意味が共同という範囲にまで拡大して解釈されることが少なくなかった。

このページでは、粘結剤を含む技術文献に基づき、その意味・用法のみならず、活用される分野や市場、法人・人物などを網羅的に把握することができます。

語源的には結う、結ぶ、結合、共同などを意味し、地域社会内の家相互間で行われる対等的労力交換、相互扶助をいう。地方によってはイイ、ユイッコ、エエなどとよばれ、また中国・四国地方のように手間換(てまがえ)、手間借(てまがり)と称する所もある。結は催合(もやい)とともにわが国の伝統的な共同労働制度の一つであるが、催合の慣行がかつて漁村で盛んで現在は衰退しつつあるのに対し、結は農山村で盛んで、現在も田植、稲刈りなどさまざまな機会に行われている。結における労力交換では、多くの場合、働き手として出動する個人の労働力の強弱はあまり問題とはされないが、一人前の人間が1日提供してくれた労力に対しては、かならず1日の労働で返済することが基本で、金銭や物で相殺することを許さない点に特徴がある。結は農耕作業で行われることが多く、起源もそこにあると考えられるが、実際の機会はそれにとどまらず、屋根の葺替(ふきか)え作業における茅(かや)の切出しや縄ないなどでもよく行われた。

「当日の朝の公式練習、あまりにも痛かったので、どうしようかなと思ったんですけど、注射を打ってもらって、6分間練習の直前に、10分前ぐらいですかね、注射を打ってもらって出場することを決めました。でも、その注射だったり、その注射の痛みを消してもらえる感覚であったり、または自分自身がけがをしていて、追い込まれていてショートも悔しくて。色んな思いが渦巻いた結果として、アドレナリンがすごく出て。自分の中でも最高のアクセルができたと思っています」

※「結」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

SOxの発生を抑制しながら鋳型強度を向上させることができる鋳型造型用粘結剤組成物を提供すること。

一見すると、利便性や合理性に欠ける契約といえるが、相互間の労働力の提供、すなわち、共に汗を流すことこそが、「結」の基本原則であり、人々の思想の根底に、金や物以上に人の労力と責任感を重んじる精神が存在したからこそ、この慣行が発達し、長年にわたって継承されてきた結果につながったものと思うのである。

耐火性粒子、粘結剤、及び硬化剤を用いる鋳型の製造に用いられる硬化剤供給装置であって、硬化剤を混練機に供給する硬化剤供給手段と、硬化剤の設定供給量QAを入力する設定供給量入力手段と、前記設定供給量QAに対応した硬化剤供給手段の制御条件CA1が予め記憶された制御条件記憶手段Aと、設定供給量QA及び制御条件CA1に基づいて硬化剤供給手段で供給される硬化剤の量を示す測定結果RAを取得する硬化剤量測定手段と、設定供給量QA、制御条件CA1、及び測定結果RAに基づいて硬化剤供給手段の新たな制御条件CA2を取得する制御条件取得手段Aと、を有する、硬化剤供給装置。

本村でも、田植え、脱穀調整、葉たばこの収穫及び乾燥調整などの農作業の他、萱葺き屋根の葺き替え作業などでも、「結」が用いられていたところであり、共同労働を行う間柄としても、本家と分家、親戚関係、気心の合う者同士、さらには、集落のほとんどの家が「結」に参加する場合等、様々な形態があった。

また、本村の「結」では、労働の等価ということはたいして問題ではなく、出動個人の労力の強弱・大小にかかわらず、1日の出動に1日の労力を返す形を取り、金銭や物品で相殺することは許さないのが通例であった。

「きっとジャンプには色んな技術があって、僕は4回転半というものを習得するにあたって、色んな技術を研究して、学んで、自分のアクセルにつなげようと思ったんですけど、やっぱり自分自身のジャンプは、負けたくないっていうか。あのジャンプだからこそきれいだって言ってもらえるし、僕はあのジャンプしかできないし。だから絶対に思いっきり跳んで、思いっきり高いアクセルで、思いっきり速くしめてということを追求しました。その結果として、ジャンプとしても最高点には僕の中ではたどり着けたと思っていますし、回転の判定もいろいろありますけど、でも僕の中ではある意味、納得してます。満足した4回転半だと思っています」

「僕が特別ではなく、みんな生活の中で何かに挑戦している。大きなことだけではない。それが生きること。守ることも挑戦。守ることも大変なんですよ。家族を守ることも大変だし。何一つ挑戦じゃないことなんて存在していない。それが僕にとっては4Aだったり、オリンピックだったり。ただそれだけ。僕もすごく挑戦を大事にしてここまできましたが、それって羽生結弦はこんなに褒められるけど、それって褒められることなのかなと、(皆さんが)自分を褒めるきっかけになれば」

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました