華やかなジャスミン茶に フルーティーな白ワインの香りを加えました

メモ

あああ

ジャスミンと名前のつく植物の中には 有毒なものもあります

いいい

ジャスミンは、甘い香りが特徴のかわいらしい花です。ジャスミンティーにも利用されるなど、みるだけでなく飲んでも楽しめる植物です。

カロライナジャスミンを口にしてしまうと、呼吸麻痺などの呼吸器障害や血圧降下などの中毒症状を引き起こします。

ジャスミンの茶葉は煮出すことによって風味を出すのが特徴ですが、ジャスミン茶インスタントは水へ粉末をいれて溶かすだけでもジャスミン茶を作る事が出来ます。

ジャスミンの花香でほっとリラックスできるホット&コールドのジャスミンティー。

ジャスミンの植え付け時期は春か秋に行います。春なら3月下旬~4月。芽や枝が伸びていく時期は新しい根が出て活着しやすい時期でもあります。秋は9月の秋分の日頃から10月中旬。気温が低くなってしまうと冬までに根が伸びないので、あまり遅くならないように気をつけましょう。

株式会社カインズは、ホームセンター売上No.1でジャスミン用の用土や肥料、鉢なども取り揃えています。

ハダニやアブラムシがついているのをみつけたら、水をかけて駆除したり手でこすり落としたりしましょう。虫が苦手で触れたくないのなら、スプレータイプの薬剤を散布しても構いません。特にハダニは、雨に当たらない場所に置いていたりして株が乾燥していると発生しやすいので、水やりの際には株全体に水をかけるようにするとよいでしょう。また、鉢土の表面にまいておくタイプの薬剤もありますが、ジャスミンには農薬取り締まり法上は観葉植物としての適用しかないので、「原則として」はそうした農薬を使った場合は花をお茶にしたりはできません。

華やかなジャスミン茶に、フルーティーな白ワインの香りを加えました。芳醇な香り、フルーティーな味わい。

ポット苗はポットを外したら根を傷めないように気をつけながら、できるだけ土を落とします。もともと植わっていたポットよりも2まわりほど大きな鉢に鉢底網、鉢底石を入れて植えつけます。ジャスミンは、根が切れやすいので、植え付けの際には根を傷つけないように慎重に行いましょう。

中華料理で親しまれている【ジャスミン茶】ジャスミンの花の香りを堪能下さい。

ジャスミンの水やりは、土が乾いたら鉢底から水が流れ出すまでたっぷりと与えます。たっぷり与えることで鉢土の中に新鮮な空気が供給され、根から出る老廃物が洗い流されるため、与えるときはたっぷりと、が原則です。ただし、鉢底からで田水を鉢受け皿に溜めたままにしておくと根腐れの原因となります。受け皿に溜まった水は毎回捨てるようにしましょう。鉢が大きいと毎回鉢を移動させて受け皿の水をあけるのが大変なこともあります。そうした際は、不要なバスタオルなどに水を吸わせたり、アクアリウム用の大型のスポイト(ピペット)などで水を吸い取ると、重たい鉢を持ち上げなくても水を処理することができます。冬場はやや乾かし気味に、水やりの頻度を少なくしましょう。

国太楼のジャスミン茶ティーバッグ×36包。ジャスミン茶には口内洗浄の効果があるとされ、中華料理やイタリア料理などの脂っこい料理にも相性が良く、さわやかな飲み口です。

ジャスミンの剪定は花が終わったときに行います。ジャスミンの花芽は春以降に伸びた枝が寒さに当たることでできます。なので、冬に室内に取り込んだときや春先にツルを剪定してしまうと花が咲かなくなってしまいます。夏に開花が終わったら不要なツルはつけ根から切り、残すツルはよい長さに切り戻します。9月ごろまでは伸びたツルの先端を切る摘芯を行うと、枝数を増やすことができます。

また、オリジナル商品の取り扱いも豊富です。ジャスミンを家庭で育てたいと思っているのなら、利用してみてはいかがでしょうか。

ジャスミンと名前のつく植物の中には、有毒なものもあります。毒性のあるジャスミンとして有名なのが、「カロライナジャスミン」です。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました