金瓶梅きんぺいばい

メモ

あああ

金瓶梅きんぺいばい

いいい

※「金瓶梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

中国、明(みん)代の長編小説。時代を宋(そう)の徽宗(きそう)の世に仮託し、明代の官商癒着の様相を、色と金(かね)に絡めて描く。100回。主人公西門慶(さいもんけい)の2人の妾(めかけ)潘金蓮(はんきんれん)、李瓶児(りへいじ)と、金蓮の小間使い春梅(しゅんばい)の名から1字ずつをとって命名されている。四大奇書中もっとも遅い万暦(1573~1619)前期に、山東生まれの一作者の手になったと推定され、他の3書のように長い成立史をもたない点において、際だって異色である。清(しん)初の呉敬梓(ごけいし)と曹雪芹(そうせっきん)に大きな影響を与え、『儒林外史』『紅楼夢』を生み出す原動力ともなった。中国におけるリアリズム文学、社会批判文学の源頭にたつ傑作である。作者は蘭陵(らんりょう)(山東)の笑笑生(しょうしょうせい)とされ、会話中に山東方言もみえるが本名などはわからない。序を書いた欣欣子(きんきんし)もおそらく笑笑生と同一人物であろう。『金瓶梅』の写本は、袁宏道(えんこうどう)の記録により、少なくともその一部が1590年代後半には存在していたこと、完本が劉延白(りゅうえんはく)の家にのみ蔵されていたことが知られる。一説によれば、延白の兄弟の義父にあたる梅国楨(ばいこくてい)がモデルであり、『金瓶梅』は「今評梅」をもじったとされる。その刊行は1613年夏以降ほどなく、蘇州(そしゅう)でとされるが、おそらく東呉(蘇州)弄珠客(ろうしゅかく)の1617年の序をもつ『金瓶梅詞話(しわ)』がそれにあたろう。この後崇禎(すうてい)年間(1628~44)までに詞話本を改訂した数種の版が行われた。しかし康煕(こうき)年間(1662~1722)に入って張竹坡(ちょうちくば)の評を付した版が行われるに及び、それ以前の版は圧倒されてしまった。この系統は第一奇書本とよばれる。そもそも『金瓶梅』は『水滸伝(すいこでん)』の逸典ともいわれるように、その武松(ぶしょう)物語中の挿話、武松の兄大(だい)の女房潘金蓮と西門慶の情事を敷衍(ふえん)し、武松に殺されるはずの2人を生き延びさせたものであった。それゆえ、この痕跡(こんせき)を残す『水滸伝』との関係の詞話本のほうが原作により近いといえよう。

物語は山東省清河県の薬種商で顔役でもある西門慶が、獄中の友人の妻李瓶児を第6夫人に迎え、その財産を手に入れてにわか成金となり、商売の手を広げる一方、つてを頼って宰相に賄賂(まいない)し、官職を手に入れのし上がってゆく過程を縦糸に、6人の妻妾との閨房(けいぼう)生活を横糸に描く前段と、西門慶が潘金蓮に媚薬(びやく)を飲まされすぎて急死したあとの一家離散のありさまを描く後段とからなる。この間西門慶と女たちの性生活が丹念に描かれ、ために好色小説と誤解され、この面だけを受け継いだ続書も輩出したが、『金瓶梅』のそれはためにするものではなく、あくまでも男女の交渉の委曲を尽くすことを目的としたものといえよう。

業界最大手の『トゥルースグループ』、その知名度と信頼は絶大です!
高級店『金瓶梅(きんぺいばい)』では連日大盛況につきコンパニオンを大量募集中!!
経験者の方&未経験者の方、共に大歓迎します。店舗は中華風に統一した内外装で、高級店ならではの重厚感があります。
抜群の知名度&集客率を誇る老舗高級店です。
衛生管理も万全ですので、安心&安全の最高の環境でお仕事が出来ます。
収入面も貴女の目標を少しでも早く達成出来ますよう、全面的にサポートさせて頂きますのでご安心ください。貴女からのご応募を心よりお待ちしております。
スタッフ全員が誠心誠意を持ってお迎えさせて頂きます。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました