grace 車

メモ

あああ

grace 車

いいい

WLTCモードで32.1km/Lと燃費性能ではグレイスにおよびませんが、約4.5日間の電力供給時間を確保でき、非常時にも活躍するエコな車種がプリウスです。無駄のないスムーズな制御機能が搭載され、雪道などの悪路にもその強さを発揮します。

それでも改良前に比べると、セダンらしさは増しているように感じられた。2017年のフェイスリフトでフロントフェイスの厚み感が増したことが功を奏したのであろう。また、今回の試乗車は綺麗なブルーメタリックに塗られていたが、それがスバル『WRX STI』と被るようなイメージを醸しており、それも印象を良くするのに貢献していたような気がした。

90年代、ホンダは『ドマーニ』という、フォルクスワーゲン『ヴェント(3代目ゴルフの派生セダン)』に似た4ドアセダンを出していたことがある。地味だったため販売は芳しくなかったが、ハイデッキ化で荷室容量をキッチリ稼ぎつつ車内スペースも確保し、それでいてセダンらしい凝縮感のあるデザインを実現していた。本来ならああいうフォルムを基本として空力を整えながらデザインを与えていくほうが、ずっといい形にできただろう。

力強い走行ができる3.5L、低燃費性に富んだ2.5L、直噴ターボエンジンの2.0Lという3種類のパワーユニットから好みに合うタイプを選べます。プラットフォームはTNGAに基づく低重心パッケージで、加速時や減速時にも自然な走行を行える車です。

一方で現行モデルのフィットは、そこからさらに一歩進んだ「e:HEV」を採用していることが特徴的です。これによってモーターの使用頻度が上がり、FF車の燃費はJC08モードで38.6km/Lにまで向上しました。また、平成30年排出ガス基準75%低減レベル認定車でもあります。

新車価格のレンジを比較していくと、グレイスが175万円~265万円で販売されていたことに対し、フィットは106.5万円~253.7万円と値幅が激しいことがわかります。中古車に関しては相場になりますが、グレイスは45万円から、フィットは5万円からと考えましょう。

グレイスはハイブリッドでも4WDが選べるのが特徴。今の新車ではハイブリッドで4WDが設定されているモデルも珍しくないですが、グレイスが出た当時は希少な存在でした。地域によってはセダンでも4WDがマストという人もいるでしょう。そんな人にグレイスはぴったりの存在です。

AC100Vのコンセントを複数搭載することや、スマホアプリと連動するディスプレイオーディオを備えることも特徴的で、日常生活の延長を楽しめる車です。最小回転半径も5.0mと小回りが利きやすく、運転初心者の方にも向いています。

日産を代表するロングセラーの名車です。独特なテールランプ、鋭い切れ味をもつ顔つき、繊細なホイールなど、幼いころに誰もが憧れた「かっこいい車」を体現しています。室内にも落ち着きとゆとりがあり、トランクルームには9インチのゴルフバッグを4個収納可能です。

今回発売された特別仕様車「ブラックスタイル」は、フロントグリルやドアハンドルなどにダーククロームメッキを採用。リアのLEDランプはスモークタイプに変更されるなど、シャープな外装デザインが特徴です。さらに、上級モデルの「ハイブリッド LX・ホンダセンシング」では、通常はメーカーオプションの15インチアルミホイール+スチールラジアルタイヤを標準装備しました。

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

ホンダは、5ナンバーセダン「グレイス」のタイプ「ハイブリッド LX・ホンダセンシング」と「ハイブリッド EX・ホンダセンシング」に、特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を設定し、2018年12月14日より販売開始しました。

特別仕様車専用の新色「スーパープラチナグレー・メタリック」を含む全5色のボディカラーを設定した「ブラックスタイル」の価格(消費税込)は、229万6080円から260万1720円となります。

双方が共通のグローバルスモールプラットフォームを使用しているため、構造そのものに差異は認められません。燃料タンクを車両の中央部分に配置するセンタータンクレイアウトの採用によって、室内空間にもゆとりが見られます。

2020年に惜しまれながらも生産終了となったホンダ グレイスですが、数年間という販売期間で終わったことがもったいないほどの魅力を備えています。グレイスについて深く知りたい、グレイスと似た車を探したいという方も多いのではないでしょうか。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました