leon 雑誌 編集長

メモ

あああ

leon 雑誌 編集長

いいい

太田氏はメンズ雑誌の世界ではいわゆる「LEON族」と呼ばれる編集者の一人である。岸田一郎氏(1951.4.15〜)が編集長として2001年に創刊した主婦と生活社の『レオン』に創刊から携わった。『レオン』は「ちょい悪オヤジ」をコンセプトにして、一時代を築いた。その後岸田氏は、主婦と生活社を追われ、同コンセプトの『ジーノ(zino)』、WEBマガジン『キシダデイズ(KISHIDA DAYS)』『マデュロ(MADURO)』「ジジ(GG)』を創刊したが、いずれも成果は上がらず、岸田氏は現在全てから身を引いており、現在は「マデュロ」が株式会社MADUROから発行されているだけだ(発売はPR社)。同誌編集人の大久保清彦氏は、セブン&アイ出版でも『マデュロ』を担当していたが、典型的「LEON族」である。世界文化社から岸田氏と行動を共にして主婦と生活社に移籍し『レオン』の創刊副編集長だった。その後、インターナショナル・ラグジュアリー・メディア社に前出の太田氏と共に移った。『オーシャンズ』の創刊編集長だったのは、この大久保清彦氏である。加えて大久保氏は『ローリングストーン ジャパン(Rolling Stone Japan)』も同社から創刊していた。

編集長100人が明かす「理想の広報」とは?

主婦と生活社が発行するメンズ誌「レオン(LEON)」が12月11日付の人事を発表した。同誌の石井洋・編集長がレオン・コンテンツ事業室長として、ウェブ媒体「レオン.JP」の編集長を兼任する。「レオン.JP」の前田陽一郎・現編集長は、「レオン」を含めた複数の媒体を統括する第一編集部長付に就任する。また、鈴木賢二「レオン」編集デスクは同誌の副編集長に昇格する。

1969年生まれ。大学在学中からライターとして
男性・女性ファッション誌に関わる。
卒業後は内装・店舗建築の最大手乃村工藝社に入社。
傍らでフリーのイラストレーターとして雑誌に関わる。
95年に祥伝社『Boon』に参画しストリートファッションというカテゴリーを
確立させるという異色の経歴を持つ。
2005年より『LEON』に副編集長として加わり2011年10月より現職。

太田氏は11年間同誌編集長を務めたが、最近は『オーシャンズ』の好調が伝えられ、太田氏は同誌の顔として様々なメディアに登場することも多く、「いったい何があったのだろう。太刀川(たちのかわ)文枝・社長とはうまく行っていたはずだが。太田さんも47歳とステップアップを考えると最後のチャンスなのかもしれない」という業界関係者の声もあり、次のステップが注目される。太刀川文枝・同社社長の父は東京スポーツ新聞社の太刀川恒夫・代表取締役会長である。同氏は1937年生まれ。右翼の大立物であった故・児玉誉士夫(1911~1984)氏の書生・秘書として戦後最大の疑獄事件であるロッキード事件にも関係している筋金入りの人物だ。

太田氏は、『レオン(LEON)』(主婦と生活社)の2001年の創刊に参画し、その後2006年2月『オーシャンズ』創刊に携わり、2008年2月から編集長を務めていた。

『レオン(LEON)』編集長代理。フリーランスの編集者として数々のファッション誌で活躍した後に、28歳のときに立ち上がったばかりの『レオン(LEON)』に参画。イタリアのファッションやライフスタイルを中心に取り上げ、”モテるオヤジ”の姿を訴求し、「ちょい不良オヤジ」をはじめとした数々のトレンドを生み出す。現在は編集長代理を務め、多忙な日々を送る。

石井:40代以上のオヤジってなかなかTシャツ1枚でいられないんですよ。「乳首立っちゃうのどうするよ、恥ずかしい」みたいなときや「お腹も弛んできてるけど鍛え直せないし」ってときに、Tシャツのうえから1枚サラっと羽織ってもらいたいですね。シャツジャケット的に着るなら、フロントに何もないつるんとしたものよりはこういったポケットがついているようなシャツのほうが着やすい。それに僕らは「モテる」ってことの価値を主張している雑誌なので、どこかツヤっぽさは欲しいなって思って、ズドンとしたボックスシルエットよりもクビレ感があったほうが良いだろうと思って、サイドアジャストも付けていただきました。

男性月刊誌『オーシャンズ(OCEANS)』の太田祐二前編集長(1972年生まれ)が一身上の都合により6月15日付で同紙を発行するライトハウスメディアを退社する。後任編集長は江部寿貴・同誌副編集長。またウェブ編集部が新設され、原亮太・同誌副編集長がウェブ編集長に就任している。

この他「LEON族」としては、現在講談社のWEBマガジン『フォルツァスタイル(FORZA STYLE)』の編集長である干場義雅(1973年1月11日生まれ)が有名。干場氏は大久保氏、太田氏とともに『オーシャンズ』の創刊にも携わっていた。

石井氏はフリーランスのエディター、ライターとして活動した後、2001年の「レオン」創刊直後に参画。2017年3月に同誌の編集長に就任した。前田氏は06年に「レオン」副編集長として主婦と生活社に入社。11年3月に同誌の編集長に就任し、17年3月にレオン・コンテンツ事業室に異動して「レオン.JP」編集長に就く。同年6月に「レオン.JP」の大規模リニューアルを行い、強みであるファッションや時計、車のカテゴリーの強化の他、ライフスタイルやビジネスの特集記事など新規コンテンツを開拓し、新しいファンの獲得につなげてきた。

今回のゲストは、10月に編集長に就任された「LEON」の前田陽一郎編集長。
男性ラグジュアリーファッション誌の世界で、読者を刺激し続ける斬新な企画と細部にまでこだわったクオリティーで、圧倒的な人気を誇る「LEON」。
その今後の方向性と、編集長に就任された思いについて語っていただきました。

「LEON族」と言えば、『レオン』前編集長の前田陽一郎氏は昨年12月に主婦と生活社を退社してCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)に入社している。前田氏は2006年に『レオン』編集長として主婦と生活社に入社し、2011年3月に編集長に就任し、2017年3月からはWEB版『LEON.JP』編集長になっていた。『レオン』もかつての勢いはすでにないが、その次にメンズ誌業界の覇権を握ったのはアメリカ西海岸テイストをベースにした『サファリ(Safari)』(日之出出版)だった。印刷部数20万部の大台を突破したこともある。ファッションでも同時期サザビーリーグによる「ロンハーマン(Ron Herman)」ブームが巻き起こり、これに便乗した形だった。その後はファミリー志向した『オーシャンズ』に覇権が移っていた。その立役者の太田編集長のライトメディアハウス退社でメンズ雑誌業界にまた新しい風が吹くだろうか。

月刊誌「LEON」から誕生したウェブマガジン「LEON.JP」にて、石井編集長が「和塾」田中康嗣代表のもと、和文化をたしなみ「モテる旦那」を目指す連載シリーズで、「銀座もとじ 男のきもの」での着物の誂えを体験いただきました。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました