lily ボカロ

メモ

あああ

lily ボカロ

いいい

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

音楽ユニット・Easy PopによるLilyとGUMIのデュエットソング。公開日は2013年7月24日である。大人気ボカロ曲「ハッピーシンセサイザ」を生み出したEasy Popが制作した本楽曲。「ハッピーシンセサイザ」でも活かされ、多くの人を魅了したEasy Popの作風・テクノポップが活かされた楽しいダンスミュージックソングとなっている。「泣いて 笑って 自分らしく生き抜けますように」というコメント通り、悩みや悲しみを抱えている誰かを元気づけようとする言葉が多く綴られた歌詞が展開されており、聴いている内に元気が出てくる応援ソングのような一面も併せ持っている。MVに使用された絵師のキキによるLily&GUMIが跳ねるように踊っている姿が描かれたイラストも、見ているだけで元気を貰える明るさがある。投稿から2日後の7月26日には、Easy Popによる「Remix ver.」の投稿も行なわれた。

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

ボカロP レフティーモンスターPと歌い手兼歌手の伊東歌詞太郎によるLily歌唱楽曲。作曲編曲をレフティーモンスターPが行い、作詞をレフティーモンスターPと伊東歌詞太郎が行う形で制作された。Lilyの声の調整を行ったのはボカロPのたるとP。公開日は2012年10月15日である。『Lily&GUMI 楽曲コンテスト』応募楽曲用に制作され、最優秀賞を受賞。レフティーモンスターPいわく「初期衝動」をテーマに制作したとのこと。「バンドをやりたい、やらねば!」と強く思った中学生時代の自分の気持ちを思い起こしながら書いた曲だという。王道的なロックサウンドに載せて爽快に歌われる「初期衝動」に、背中を強く押される楽曲となっている。絵師の藤乃あめりがデザインした学生服風の衣装に身を包み込むLilyが出てくるMVも必見。後に伊東歌詞太郎がセルフカバーした動画が公開された。

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

ボカロP ひとしずくPとボカロP やま△による鏡音リン・レン&Lily歌唱の楽曲。公開日は2015年4月10日である。制作陣いわく童話「白雪姫」がモチーフの音楽物語。だがあくまでもモチーフが「白雪姫」なだけであり、楽曲内で展開される物語は原作とは全く異なる内容のものとなっている。美しいが故に他者から疎まれ、美しいが故に望んでもいないのに他者の心を魅了してしまう事で、残酷な人生を歩み続けてきた少女が、自分を虐げてきた人々への復讐の刃を研ぎあげるまでの復讐譚ともいうべき物語が綴られている。イラストレーター・鈴ノ助によるイラストを元に、動画師TSOとVAVAが作り上げたアニメーション風MVのダークで美麗な世界観にも注目の作品である。

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

2020年2月に初投稿「青の隙間 feat.IA」でボカロPデビュー。 2021年10月に投稿した「エンセイ」がThe VOCALOID Collection(ボカコレ2021秋)のボカコレルーキーランキングにて84位入賞。主にVOCALOID IAを使用し、現在も精力的に活動している。

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました