portion語源

メモ

あああ

portion語源

いいい

また、使用基準とされている量に満たない分量のことをアンダーポーションと呼ぶのに対し、基準を超過する分量のことをオーバーポーション【over portion】と呼びます。オーバーポーションの超過分は食材ロスであると考えることが出来るため、状態化は原価率の高騰に繋がり利益を圧迫します。これをコントロールし未然に防ぐためにも飲食店の定量管理は重要な作業です。

「ポーション(portion)」の基本的な意味は「部分」「割り当て」「一人前」などです。ものを配るために分割する、分けるいう意味を持ちます。また、法律においては遺産や財産などを分け与えるという意味も持ち合わせます。

「ポーション」の英語表現は「portion」と「potion」の2つがあります。飲食店やコーヒーで「portion」の方で、「一人前」「人盛り」「一人分」、薬関係は「potion」となり、「一回で飲む薬の量」「一服」「媚薬」「薬品」という意味で使われています。

「ポーション(potion)」は「一回で飲む薬の量」「一服」という意味がありますが、「媚薬」や「薬品」をダイレクトに意味することもあります。「一回の媚薬」「一瓶の薬品」というように量は定めず、「媚薬」「薬品」という直接的な意味として使われています。

「ポーション」は英語表記で「portion」と「potion(Rが入っていない)」の2つがあります。英語の「portion」は名詞の他、動詞としても使われる単語ですが、「potion」は名詞のみとなります。

ちなみに、英語の発音は「portion」はほぼ「ポーション」、「potion」の方は「ポウション」なります。もちろん、カタカナ語では「ポーション」と表記しますが、念のため予備知識としておさえておきましょう。

ううう

コメント

タイトルとURLをコピーしました